沖縄料理

沖縄料理

Update:

日本の南西部、かつ最西端に位置する沖縄県。そこの郷土料理は全国でも人気が高い。

海外からの影響

沖縄料理は、歴史的に深い交流があった中国や東南アジアからの影響が大きい。また、アメリカの軍政下において発展してきたため、北米の文化を受けて生まれた料理もある。「タコライス」は、みずみずしいレタスとフレッシュなトマト、それをピリ辛く味付けした挽き肉やチーズ、そしてご飯と一緒にまとめて食べる。

沖縄ならではの肉料理

沖縄料理には豚肉を使った料理が多いが、ビタミンB1を豊富に含んだ豚肉は夏バテ対策によいとされている。気温が高く、食欲が無くなりやすい沖縄の気候においては理にかなっている。「ソーキ」は豚のあばら肉を長時間ゆでることで適度に柔らかくしたもの。

沖縄特有のつまみ

「海ブドウ」は沖縄の温かい海でしか採れない貴重な食材。プチプチとした食感がクセになる。コリコリとした食感があるのは豚の耳皮「ミミガー」だ。「島らっきょう」は、独特の辛みと刺激的な香りが特徴的な野菜。天ぷらで食べるても美味しい。

都内にある沖縄料理店

全国各地にも沖縄料理店は広がっている。店内は沖縄の伝統的な民家を彷彿とさせるデザインも多い。即興演奏が行われたり、店の中で現地の人と語らったりして、食事を楽しむことが魅力。本当に沖縄に訪れたくなるはずだ。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする