おでん

おでん

Update:

寒い冬に食べたくなる「おでん」。日本料理店や居酒屋などで気軽に食べることができる。

おでんとは

大根やたまご、ちくわなどといった食材を、醤油や昆布などの味付けがされている出汁で煮込んだ料理。おでんに入っている具材を「おでん種」と呼ぶ。

歴史

おでんの起源は、豆腐を長方形にカットし味噌を塗って食べる「田楽」だとされている。平安時代に宮中で女官達が使っていた「お」を付ける流行り言葉と「田楽」が合わさり、「おでん」という名前が生まれた。

地域による違い

主に、東日本では濃い口醤油で味付けを行うためつゆの色が濃く、西日本では薄口醤油で味付けを行うためつゆの色が薄い。九州や沖縄ではコクのある味付けが人気で鶏肉やトビウオからの出汁が加わっていたり、京都では上品な味を好みサバ節や昆布の出汁が加わっているなどさまざまだ。

コンビニおでん

秋から春にかけて、コンビニでおでんが販売される。大手コンビニのローソンでは、「焼津産かつお節と北海道産昆布」を基本ベースのつゆとして、中部地方には「むろあじ節」、九州地方では「牛・鶏・あご出汁」を基本ベースに加えるなど地域によって変えている。

ユニークなおでん缶

おでんを自動販売機で購入するところもある。中身は一般的なおでんとほぼ同様だが、豆腐など形が崩れやすいおでん種はないことが多い。保存期間が長いため、災害時などの非常食としても人気だ。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする