焼肉

焼肉

Update: 2016/03/22

訪日の必食グルメ・焼肉を食べる際に知っておきたい牛肉の部位や食べ方などを紹介する。

焼肉とは

「焼肉」は肉を焼いた料理全般を指すが、日本人が「焼肉を食べに行こう」と言う場合、網や鉄板の上で肉や野菜等を焼き、その後タレをつけて食べることを指す場合が多い。

肉の部位

焼肉店に行きオーダーする際に知っておきたい焼肉の部位はこちら。
・「カルビ」は、牛や豚のばら肉で脂身が多い。焼肉を食べる際、大半の人がオーダーする定番の部位。
・「タン」は牛の舌で、脂身は少なく食べ応えがある。噛むことで味わいが増す。
・「ハラミ」は、赤身が多く、ヘルシーな部位で女性にも人気が高い。
・「レバー」は、牛の肝臓部分で鉄分が豊富だが、独特の香りや味なので苦手な人も多い。
・「ホルモン」は、牛の大腸部分で丸い形をしていることが多い。脂身で歯ごたえのある食感だ。

タレ

肉を焼いた後、タレをつけて食べるのが一般的。タレは醤油をベースにしたものに、ニンニクや砂糖、ごま油などを入れる。店によって味が異なる。タレには通常、辛口と甘口がある。

一人焼肉

焼肉は2人以上で食べることが大半だが、日本では最近、一人で焼肉を楽しむ「一人焼肉」ができるお店もある。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする