天ぷら

天ぷら

Update:

人気の日本食「天ぷら」。その歴史や食べ方、おいしさの秘密について紹介する。

天ぷらの歴史 

「天ぷら」の起源は、17世紀にポルトガルから伝来したという説が有力である。海外から来たものを日本の中で消化し、調理法などの改良を重ね、日本人に好まれる味やスタイルを作り出した。

天ぷらの作り方

具材を食べやすい大きさに切り水気を取り除く。次に卵と水と小麦粉を溶いた「衣」に具材を浸してから油の中に入れて揚げる。油でべとべとにならないように、網やキッチンペーパーなどに置く。

美味しさを左右する「衣」

天ぷらの特徴はなんと言っても、衣。衣に包まれた具材は高温で蒸された状態になり、うまみが閉じ込められる。油の温度管理や材料によって異なる揚げ時間が異なり、軽い食感の天ぷらを作るのには技術が必要だ。

天ぷらの種類

基本的に油で揚げられるものであれば、何でも天ぷらに出来る。エビやキス、かぼちゃなどが人気。その他にも、イカやタマネギ、にんじんなど数種類の具材を纏めて揚げた「かき揚げ」はボリューム満点だ。

天ぷらの食べ方

一般的に天ぷらは、甘辛い醤油ベースのスープ「つゆ」か塩を付けて食べる。特にルールは無いため、具財や好みに合わせて選べる。揚げたてが一番美味しいので、料理を提供されたらなるべく早く食べるのがコツである。

その他の天ぷら料理

天ぷらを使った料理が他にもたくさんある。ご飯の上に載せて食べる「天丼」、そばやうどんと一緒に食べる「天ぷらそば」「天ぷらうどん」などは万人に好まれる。変わった具財としては、アイスクリームの天ぷらがある。衣をつけて短時間で揚げるので、外は熱々、中のアイスクリームは冷たいままという不思議なスイーツになる。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする