神社

神社

Update:

神社は言わずと知れた日本人が信仰する宗教のひとつ「神道」の祭祀施設だ。

日本の神様とは

多彩な性格をもつ日本の神々は山や風といった自然現象のほか、台所に宿る火など万物に宿ると考えられている。数えきれないほど大勢の神が存在することから「八百万の神」と表現されるほどだ。農耕生活を営んできた古代の日本人は、天変地異は神の怒りと信じ自然のいたる所に人智を超えた神の存在を感じてきた。

御神体

神社には、神が宿った御神体が祀られている。御神体は自然の巨石や木、鏡、剣などに宿ることが多く、御神体は神社によって異なる。神社の奥深くで静かに祀られているため、一般の参拝者は目にすることはできない。

鳥居

鳥居には、人間が暮らす世界と神の領域を区別する門のような役割がある。神様がいる本殿に遠いものから一の鳥居、ニの鳥居と数える。神様の世界へ入っていくので、くぐる際には一礼しよう。

身を清める手水舎

手水舎では、神様のいる本殿に行く前に手や口を軽く洗い、身のけがれを流す。

摂社と末社

本殿に祀られている神様と縁の深い神様を祀っているのが摂社。その土地の神様を祀っているのが「末社」。それぞれの神様に挨拶をするとよい。

神様を護る狛犬

拝殿や本殿の前には神様を守護する狛犬が2匹、対になっている。これは邪悪なものの侵入を防ぐ役割をもっているのだが、神社によっては兎や猿、猪であるケースも。

神社と行事

神社には、一年を通じて数多くの催しものがある。子どもの健やかな成長を祈願する「七五三」は3歳・5歳・7歳の節目に行う行事だ。大晦日から元旦にかけて一年の幸せを祈る「初詣」、四季の始まりに災いを祓う2月3日の「節分」などが代表的な行事だ。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする