テーマパーク

テーマパーク

Update:

日本のテーマパークの特徴と楽しみ方を紹介する。

国内のテーマパークの歴史

国内のテーマパークの歴史

日本初のテーマパークは1961年に開園された「奈良ドリームランド」である。これを皮切りに、全国各地に特色豊かなテーマパークが続々と建設された。

四季を楽しめる

四季を楽しめる

日本には、春夏秋冬の四季がある。そのため、同じテーマパークでも季節ごとに違った一面を見ることが出来る。草花の手入れが丁寧にされており、夏は水を使ったパフォーマンスなど何度来ても飽きないように工夫されているテーマパークが多い。

装飾で華やかになる園内

装飾で華やかになる園内

季節ごとにテーマを設定し、園内全体を装飾することも多い。クリスマスが近くなると、園内のイルミネーションが一段と豪華になり、キャンドルナイトなども開催。イベントに合わせスペシャルフードやグッズも登場する。利用時間帯は、イベントによって異なる場合がほとんど。夕方以降は、入園料が割引になるテーマパークもある。

世界に誇る技術・サービス

世界に誇る技術・サービス

日本人が提供するサービスは世界中から賞賛されるほど細やかで心がこもったものだ。テーマパークでも清掃が行き届き、来場者がテーマパークを楽しめるように心のこもったサービスを売りにしているところも多い。

日本の代表的なテーマパーク

日本の代表的なテーマパーク

世界各国から観光客が訪れている「東京ディズニーランド(R)」と「東京ディズニーシー(R)」。東京ディズニーリゾート(R)に次いで人気なのが、大阪の「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)」。主にハリウッド映画をモチーフにしたアトラクションが楽しめる。いずれのテーマパークも外国語マップがある。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする