デジタルアート

デジタルアート

Update:

飛躍的な技術の進歩により、これまでアナログで表現されてきたものが続々とデジタル表現へと移行している。音楽や書籍、テキストなどはほんの一例。芸術の世界でもまた、近年はデジタルの応用が非常にさかんだ。

デジタルアートとは

デジタルアートとは

デジタルアートの基本的な定義とは、デジタル媒体によって創作された芸術であること。グラフィックやイラスト、映画などはデジタルを基盤に創られている。また一般的にデジタルアートの創作には、パソコンをはじめとするデジタルデバイスが用いられる。

さまざまなデジタルアート

さまざまなデジタルアート

コンピューターで創作された作品のほとんどは、デジタルアートのカテゴリーに当てはまるといえるだろう。パソコンで描いたグラフィックやイラストレーション、3Dモデリング、3Dアニメーションなどは、デジタル技術の発展によって誕生した新しいアートだ。
デジタルメディアが一般化する以前は、イラストやデザインは手で描かれ、3Dアニメーションはクレイアニメやストップモーションなどで創作された。日本が誇るアートの一つであるアニメもまた、主に手描きのセル画とカメラで制作されていた。

デジタルイラストレーション

デジタルイラストレーション

日本の漫画やアニメ的なスタイルを持ったデジタルイラストも、デジタルを用いたアートの一つだ。こうした日本のサブカルチャーに影響を受けたイラストを、「デジタルな絵」を略して「デジ絵」と呼ぶ。現在でも手と紙を用いるイラストレーターは多いものの、絵描きタブレットやコンピューターソフトによるイラスト制作を選ぶ者も増えている。

写真

写真

デジタルカメラやデジタル一眼レフの台頭など、技術の進歩は写真の分野にも顕著に表れている。写真はフィルムに焼き付けられるものから、データとしてメモリーカードに蓄えられるものへと変わり、その後の作業もまた写真編集ソフトなどデジタルで行われていく。

デジタルアートの発展

デジタルアートの発展

ここで紹介したものはほんの一例で、その他にもさまざまなデジタルアートのスタイルがあり、現在もなお日進月歩で発展している。また技術大国である日本では、デジタルアートを世界へ広めていった先駆的アーティストも数多く誕生している。デジタルアートは表現の分野において、ますます進化していくだろう。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする