伝統芸術

伝統芸術

Update: 2016/10/26

長い間、受け継がれてきた日本の伝統芸術を紹介する。

歴史

日本の芸術作品は紀元前にまで遡るとされている。縄の様な模様が付いた土器「縄文土器」を使用したり、土偶に勾玉やヒスイなどを装飾していた。
はじめは宗教と関連深い芸術作品が多かったが、次第に民衆文化へと発展。趣味、娯楽として万人が楽しめるものとなった。

和歌・俳句

「和歌」とは、日本固有のスタイルの詩歌。古い歴史書には、洗練された和歌が多く収録されており、貴族の歌から民衆の歌までさまざまな表現方法が確立している。近代化されてからは、5・7・5の文字数で季節を表す語を入れて作る「俳句」が確立された。

庭園

自然を模して人工的に造られた庭は、散策や観賞が楽しめる。
石庭や草木、池などの自然物の他に建築物も配置し、ひとつの世界を作り出している。

漆器

「japan」と表記される事もある「漆器」は、木や紙などの材料に漆を塗り重ね、絵柄を付けるなどした工芸品である。
金粉や顔料を埋め込んだり、まいたり、彫ったりしてさまざまな絵を付けていく。地域によって伝統の漆細工が存在する。

浮世絵

江戸時代に発展した風俗画。
多色刷り木版画の「錦絵」が最も一般的で、絵柄の内容は時事風刺から有名人の肖像画、擬人化した犬猫などコミカルな戯画、美人画、風景画までありとあらゆるジャンルを網羅している。

進化する伝統芸術

アニメなどの現代文化を取り入れることで、伝統芸術は進化し、より親しみやすいものになっている。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする