生け花

生け花

Update:

日本の伝統的アートのひとつ「生け花」について紹介する。

生け花とは

生け花は、草花など植物を中心に、さまざまな材料を組み合わせて飾り、鑑賞して楽しむもの。様式や技法によって行為自体も異なってくる。

生け花の歴史

日本発祥とされる生け花は、仏教が国内に入ってきた時代に、花をお供えしたことがはじまりだとされている。華道として確立されてからは、広く庶民にたしなまれるようになった。同時に技巧の達人や名手が多く生まれ、デザインや厳選された素材、職人技などが今も引き継がれている

生け花の特徴

一番の特徴は、綺麗に咲く花だけでなく枝や木の幹、葉や苔といったすべてを材料として使って飾り鑑賞するという点。さまざまな形の容器に、剣山という針を置き、そこに花をさしていく。

生け花の見せ方

基本のポイントとしては、花がもつ美しさを表現するためにアンバランスに飾り、自然な形状を生かす。また、精彩や勢いを出すには、少し前かがみに形作るとよいとされる。作品の中心を考えながら空間を利用した奥行きを3次元的な視点でつくりだすこともポイントだ。

生け花を体験するには

生け花の教室や、地域のカルチャーセンターなどで体験することができる。観光客向けに気軽に参加できるコンテンツも豊富なので、調べてみるとよい。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする