生け花:日本伝統のフラワーアレンジメント

生け花:日本伝統のフラワーアレンジメント

Update: 2016/12/20

今回は日本の伝統芸能の一つである生け花を紹介しよう。

生け花とは

生け花とは

生け花とは花やその他の植物を組み合わせ、装飾的かつ美しくアレンジすること。その方法は、流派や技法によって異なる。

生け花の歴史

生け花の歴史

生け花は日本に渡来した仏教の花を奉納する風習が元になったとされている。その後、花を生ける技法が確立するとともに大衆に広く普及していった。同時に多くの達人や師匠が生まれ、現代も当時のデザインや技能、材料の選別方法などが学ばれている。

生け花の特色

生け花の特色

生け花の最も顕著な特徴は、花や枝、茎、葉、苔といった幅広い材料が使用される点にある。また、さまざまな形状の器に花を配置するために、剣山と呼ばれる針が置かれる。

生け花を表現する

生け花を表現する

最も重要なのは花材の自然の形を生かし、あまり対称的にならないように配置して花の美しさを表現すること。生け花の精神と配色の美しさを際立せるには、全体を少し傾けるのがコツだ。また空間を上手に使うことで奥行きを出し、3次元の広がりを作ることで、作品のテーマや精神まで表現することができる。

生け花を体験するには

生け花を体験するには

地域の文化センターやワークショップなどで、数多くの生け花体験が可能だ。観光客でも気軽に参加できる企画も多いので、ぜひ探してみよう。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする