冬

Update:

日本の冬の楽しみ方やイベントについて紹介しよう。

冬はいつからいつまで?

12~2月が冬とされている。3月も中旬位までは寒い時期が続いていることがある。北海道や東北、北陸や山間の地域では雪が降る。

雪見温泉

温泉王国・日本。雪を見ながら温泉に入る「雪見風呂」は冬の風物詩となっている。

スキー

日本には北海道、東北、信越地方を中心に各地にスキー場がある。パウダースノーとして有名な北海道・ニセコなどは外国人にも人気のスキー場。スキーのほかにスノーボードをしに来る人も多い。大半のスキー場ではウエアや板などをレンタルができる。スキー場では回数券、リフト券、リフト1日券などがある。

バレンタイン

2月14日のバレンタインでは、日本では女性から男性にチョコレートを贈る風習がある。また仕事先などで義務的にチョコレートを渡す義理チョコや、異性に限らず友達同士で気軽にチョコレートを交換する友チョコもある。チョコをもらった男性は1か月後のホワイトデーにお礼のプレゼントを渡す。

福袋と年始のセール

お正月早々に百貨店やデパートなどで「福袋」を販売する。さまざまな商品を袋に詰めたもので、基本は中身がわからないようになっており、中に入っている商品を合計すると、価格以上の場合が多くお得感がある。また、年始のセールを行う店舗も多く、福袋やセール品を求めて長蛇の列を作る場合も。

紅白歌合戦

12月31日の夜に放送される音楽番組。男性歌手VS女性歌手のチームに分かれて歌を披露し、審査員や視聴者からの投票で勝敗が決まる。

雪まつり

北海道札幌市で開かれる「さっぽろ雪まつり」は2月の上旬に1週間ほど開催される。毎年200万人以上の観光客が訪れる人気のイベントだ。大雪像とよばれる芸術作品がいくつも並ぶ。夜のライトアップもおすすめだ。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする