神社とお寺の参拝方法

神社とお寺の参拝方法

Update:

お寺と神社で参拝方法が異なる。ルールも合わせてお参りの方法を学ぼう。

神社に入る

神社は祀られている存在によって、名称も変わる。祀られているのは天皇や戦いの神様、山などの自然の神様とさまざまである。神社には「鳥居」と呼ばれる、一種の門がある。その先は神の領域となるため、一礼してから鳥居をくぐる。そこから延びる道「参道」は端を歩こう。参道の中央は、神様の通り道なのだ。

手水舎の方法

拝殿に行く前に、入口近くにある流水施設「手水舎」で手と口を流す。心身のけがれを、まずここで落とすのだ。

1.右手で柄杓に水を汲み、左手を洗う。
2.次に右手を。
3.もう一度柄杓を持ち替えて、左の手のひらに水をため、それを口に含む。4.左手を流し、洗った柄杓を伏せて元の位置に戻して完了。

お参りの方法

拝殿に着いたら、お参りをする。
設置されている「賽銭箱」に神様への感謝を表すためにお金を入れる。金額は自由だ。天井からさがっている紐を揺らし、鈴を鳴らす。その後は「二礼二拍手一礼」というルールがある。

1.腰から90度頭をおろして2回礼をする。
2.胸の前で2回拍手する。
3.手を合わせ、簡単な自己紹介をしてから神様への感謝の気持ちを伝え、願い事をする。
4.最後に再度、90度の礼をして完了。

おみくじやお守り

神社参拝には他にも楽しみがある。「おみくじ」は、神の意志を図るための占い。もともとは政治目的で使われていたが、現在は自分の吉凶を占うくじとして楽しまれている。また参拝した証「御朱印」は、神社ごとに特徴があり、コレクションすると面白い。300円~500円という手軽さも魅力。

お寺に祀られているもの

お寺には、仏教の仏様が祀られている。もとは僧侶が修行をする場であった。仏様はさまざまな姿をしており、その表情やオーラを感じるのもお寺ならではの楽しみ方だ。

お寺の参拝の方法

仏様をまつる本堂へ向かう途中に、神社と同じ流水施設があるので、神社と同じ作法で清める。 お線香を焚く香炉があれば、お線香の煙で身体をさすり、身を清める。本堂では、神社と同じように鐘が吊るしてあれば鳴らし、「お賽銭」をお供えする。 そして、目を閉じて両手を合わせ、合掌して頭をさげる。お寺では、拍手はせずに手をあわせるのみ。

まとめ

しっかりと参拝方法を学んで、歴史を感じる建物や自然も合わせて、日本人の精神に触れてみるとよい。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする