時差ボケを活用!日本の早朝スポット・ナイトスポット

時差ボケを活用!日本の早朝スポット・ナイトスポット

Update: 2016/12/05

24時間眠らない街、東京。早朝、深夜ならではの観光スポットを紹介する。

世界一の市場・築地界隈を散歩

世界一の市場・築地界隈を散歩

人気の早朝スポットと言えば、東京の築地にある「築地市場」。東京の台所とも称され、毎日新鮮な魚介や野菜などが売買されている。市場の周りには商店街があり、手頃な値段で生鮮食品などを購入できる。朝早くから営業している食堂も多いので朝ごはんがてら、行ってみるとよい。

東京湾岸で夜明けの景色を楽しむ

東京湾岸で夜明けの景色を楽しむ

朝焼けを楽しむなら、東京湾に浮かぶ「海ほたるパーキングエリア」や「羽田空港・国際線旅客ターミナル」。海風を感じながら、海の向こうから昇る朝日を見渡すことができる。施設内にある飲食店は早朝から営業しているため、コーヒーを飲みながらのんびり過ごせる。

入浴施設でゆったり過ごす

入浴施設でゆったり過ごす

朝入るお風呂は格別だ。最近は、深夜や早朝まで営業している公衆浴場が多い。大型の施設になると、温泉の他、サウナやエステ、映画鑑賞スペースなどもあり、ゆっくり時間を過ごすことができる。タオルやルームウェアを提供してくれる施設も多く、気軽に行ける。

朝市で新鮮野菜を手に入れよう

朝市で新鮮野菜を手に入れよう

週末になると、オフィスビルの広場などで、採れたて野菜や果物、焼きたてパン、スイーツ、雑貨などを売るブースが並ぶ。買い物だけでなく朝食も食べることができる場所だ。不定期的に行われるものも多いので、事前にチェックしたい。

100万ドルの夜景を見下ろす

100万ドルの夜景を見下ろす

高層ビル群が建ち並ぶ東京は多くの夜景スポットがある。街のネオンや、車のランプで幻想的な景色が楽しめる。「東京タワー」などのランドマークタワーからは、夜景だけでなく、夕日に映える富士山や横浜の光景も一見の価値あり。

深夜営業の店に行く

深夜営業の店に行く

コンビニやスーパーなど24時間営業している店が多い東京。それはジャンルを越え、今では深夜限定で店を開けるスイーツ屋やパン屋まで存在している。出来立てを求めて、深夜、東京の街に出向いてみるのも面白いかもしれない。

ホテルのような空間で映画を見よう

ホテルのような空間で映画を見よう

都内には数多くの映画館があるが、深夜から早朝にかけて上映しているところも少なくない。中には、レザー張りのシートやリクライニングシートといった高級感あふれる座席に種類豊富なドリンク類を用意しているので、ホテルのラウンジにいるような気分で映画が鑑賞できる。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする