日本における外国人の権利と法律

日本における外国人の権利と法律

Update:

観光などでの短期滞在者から、仕事などでの長期滞在者まで、日本には外国人に対する独自のルールがある。もちろん外国人側も国連の世界人権宣言で述べられているように、さまざまな権利を有している。

出入国の権利

出入国の権利

基本的にすべての人は日本に入国することができる。しかし国際法に照らし合わせると、日本側が入国者を危険であると見なした場合は、入国を拒否することもできる。日本のパスポートを持っていない人間は、いつでも日本を出国することができるが、日本への入国および再入国は念入りに管理されている。加えて、人種や宗教、国籍、特定の社会集団、政治的見解などが理由で迫害され、難民として日本に入国する人たちも同様に監視の対象となる。難民申請はさまざまな審査をした上で、入国の許可あるいは拒否が判断される。

行政および政治の権利

行政および政治の権利

日本国憲法では、外国人に投票権や被選挙権といった参政権を与えていない。つまり外国人は国の政治活動には参加できないが、地域生活に関する活動などの選挙には参加できるものもある。なお外国人も公務員にはなれるが、管理職にはなれない。

社会的権利について

社会的権利について

社会的権利とは、教育を受ける権利、労働する権利、社会保障を受ける権利といった、最低限の社会生活を保証する権利のこと。日本ではこれらの権利は日本国民のみが有するとされている。しかし生活に重篤な困窮が見られた場合には、例外として外国人にもこれらの権利が与えられることもある。

日常生活における人権問題

日常生活における人権問題

国籍や人種、性別、宗教などが理由で差別を受けた際は、日本政府もしくは地元の自治体に相談すること。また人権問題に取り組むNGOやNPOなどの民間団体もサポートしてくれる。

日本における法定年齢

日本における法定年齢

さまざまな権利に関する法定年齢は国によって異なる。日本では以下の通りだ。
飲酒:20歳
喫煙:20歳
自動車の運転:18歳

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする