日本旅行に持っていきたい便利グッズ

日本旅行に持っていきたい便利グッズ

Update:

日本には24時間営業のコンビニエンスストアが多数あり、旅行しやすい国だと言われている。しかしそれでも、日本で手に入れにくいもの、持参していかないと困るものがある。

現金とデビットカード

現金とデビットカード

日本はクレジットカードを使えない店もあり、現金を持っていないと買い物できないケースが多々ある。空港に着いたら、旅行に必要な経費を日本円に交換しておこう。さらに、手持ちの現金が足りなくなった時の事を考えて、VisaかMastercardのデビットカードを持参すると便利だ。多少手数料はかかるが、郵便局やコンビニエンスストアで日本円を引き出すことができる。

ハンカチ

ハンカチ

日本の神社には、参拝する前に「手水舎」という場所で手を洗い清める風習がある。その際もペーパータオルなどは用意されていないため、ハンカチを持参したほうがいい。

耳栓

耳栓

日本のホテルや民宿は比較的壁が薄く、音に敏感な人には隣の部屋の雑音が気になる場合があるかもしれない。そこで、じっくり睡眠をとるために、耳栓を持参すると良い。もちろん日本にも耳栓は売っているが、サイズが小さかったり防音力が低い恐れがあるので、旅行前に自分に合った耳栓を選んでおくことが大切である。

モバイルWi-Fiルーター

モバイルWi-Fiルーター

日本は意外とWi-Fiスポットが少なく、インターネットの接続に困る時がある。日本に着いてから携帯電話をレンタルすることもできるが、金額が高いので注意が必要だ。そこで、日本で使用できるモバイルWi-Fiルーターを持参することをおすすめする。旅行用にレンタルすれば、スマートフォンやタブレット、PCなどでインターネットにアクセスでき、旅行中もナビや翻訳などを便利に使用できる。

脱ぎ着しやすい靴

脱ぎ着しやすい靴

日本の家屋は、基本的に土足厳禁である。また、飲食店でも「居酒屋」などは靴を脱がなければ入れない店舗が多数あるので注意が必要だ。そんな時に手間取らないように、脱ぎ着しやすい靴を履いておこう。中でも足が疲れにくいスニーカーがおすすめだ。さらに、綺麗な靴下を履いておくことも忘れないでおきたい。なぜなら靴を脱いだ時、靴下に穴が開いていたり汚れていると意外と目立つからだ。

紙とペン

紙とペン

日本に限らず、海外旅行で一番困ることといえば、言葉が通じないことではないだろうか。最近はスマートフォンの翻訳アプリなどで伝わることも多くなったかもしれない。しかし、道を案内してもらう際やスマートフォンが使えなくなる場合もあるかもしれない。そこで、紙とペンを持っていくことをおすすめする。紙とペンがあれば、地図を書いてもらうこともできるし、スマートフォンが使えなくても紙に書いてやり取りすることができる。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする