とっても使える!外国人向け乗車券

とっても使える!外国人向け乗車券

Update:

外国人観光客にお得な乗車券がある。限られた滞在時間の中で、さまざまな観光名所を見て回りたい人にはおすすめだ。

外国人向け乗車券はどこで買える?

外国人向け乗車券はどこで買える?

外国人向け乗車券は各鉄道会社によって購入できる場所が違うので注意が必要だ。自分が観光したい場所を決めたらその鉄道会社を調べよう。どの駅でも購入できるものではない乗車券もあるので、その場合は外国人向け乗車券を販売している窓口まで出向く必要がある。

JR東日本の外国人乗車券

JR東日本の外国人乗車券

日本中を鉄道やバスで移動するなら、JR東日本(以下JR)の「JAPAN RAIL PASS」が便利。JRグループの新幹線、特急列車、急行列車、快速列車、普通列車、JRバスの各ローカル線、JR西日本宮島フェリーで利用できる。一部列車は利用できない。「JAPAN RAIL PASS」は日本国内では購入できない。日本へ来る前に提携オフィスで引換証を購入後、JRの主な駅にある引換所でパスを発行してもらう。グリーン車用と普通車用の2種類があり、さらにその中で7日、14日、21日間用がある。

また、エリア限定で使える外国人乗車券もある。成田空港への往復が安くなる「N'EX TOKYO Round Trip Ticket」、富士山や越後湯沢など人気エリアへの指定席が3日間乗り降り自由となる「JR TOKYO Wide Pass」など。

東京メトロ・京急電鉄・東京都交通局の外国人乗車券

東京メトロ・京急電鉄・東京都交通局の外国人乗車券

羽田空港と都内市街地を結ぶ京急電鉄は「WELCOME!Tokyo Subway Ticket」を販売。「羽田空港国際線ターミナル」駅~「泉岳寺」駅の京急線乗車券と、都営地下鉄および東京メトロ全線の1~3日間乗り放題乗車券とがセットになっている。京急線は片道/往復を選択可能、価格は大人1200円~2200円。「羽田空港国際線ターミナル」駅2階の京急ツーリストインフォメーションセンター(京急TIC)で購入できる。

京成電鉄の外国人乗車券

京成電鉄の外国人乗車券

成田空港に直通電車を持つ京成電鉄は、「Keisei Skyliner & Tokyo Subway Ticket」を販売。この乗車券はスカイライナーと東京メトロ9路線、都営地下鉄4路線が1日~3日間乗り放題となる。これで都内は大体網羅できる。スカイライナーは片道か往復かを選べ、有効期限も1日・2日・3日の中から選べる。価格は大人で2800円~5400円。「成田空港」駅、「空港第2ビル」駅にある京成線乗車券発売カウンターで、1人1枚のみ購入可能。
韓国・台湾・香港の現地旅行会社や一部LCCの日本便機内でも購入でき、日本入国前に購入した場合は、成田空港でバウチャー(引換券)を乗車券に引き換える必要がある。

西武鉄道の外国人乗車券

西武鉄道の外国人乗車券

西武鉄道の「SEIBU RAIL PASS」は訪日外国人限定で、西武新宿線の「西武新宿」駅または「高田馬場」駅から、埼玉県の「本川越」駅の1往復が700円で購入できる。通常は最大で約2000円かかるので、埼玉県にも足を伸ばしたい方におすすめ。購入できる場所は、「西武新宿」駅、「高田馬場」駅。なお台湾の旅行者にはツアーとセットになっている「創造旅遊社」のパッケージ がある。

東武鉄道の外国人乗車券

東武鉄道の外国人乗車券

東武鉄道は4種類の外国人向け乗車券を販売。東京都内から日光方面と川越方面に行くことができる。

・日光方面
2日間で日光の世界遺産を楽しめる「2 DAY NIKKO PASS」、「日光江戸村」か「東武ワールドスクエア」、または両方の入場券が付いた「KINUGAWA THEME PARK PASS」、有効期限4日間で日光・鬼怒川エリアをたっぷりと堪能できる「ALL NIKKO PASS」の3種類がある。いずれも予約後、「東武浅草駅東武観光サービス」での引換となる。

・川越方面
池袋から川越市までの電車運賃の割引だけでなく、指定5店舗で割引などのサービスが受けられる「KAWAGOE DISCOUNT PASS」があり、東上線「池袋駅」と「東武トップツアーズ池袋駅支店」のみでの販売している。

リムジンバスの外国人乗車券

リムジンバスの外国人乗車券

空港からのバス移動で、外国人向けのお得な乗車券を販売しているのはリムジンバス。リムジンバス乗車券「Welcome to Tokyo Airport Limousine Bus Return Voucher」は、往復料金4500円で購入可能。成田空港を起点に、都内の停留所ならどこでも降りることができる。「成田空港到着ロビー内リムジンバスチケットカウンター」と海外の契約旅行会社などで販売。

注意点

注意点

有効期限が選べるものは、それに準じて値段も変わってくる。また、購入場所や予約方法などは、会社ごとに異なる。限られたところでしか購入できないものがほとんどなので注意が必要。ホームページに掲載されているが、不安な場合は予め訪ねておくとよい。また、購入の際にはパスポートなどの身分証明等が必要になることが多い。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする