賢く使えばお得!いろいろな1日乗車券

賢く使えばお得!いろいろな1日乗車券

Update: 2016/11/16

各電鉄会社から出ている1日乗車券。上手に使えば交通費の節約にもなるので、賢く選んで積極的に利用しよう!

1日乗車券とは?

1日乗車券とは?

1日乗車券とは、1日のみ、その乗車券を発行した鉄道・バス会社の指定された路線において、何度でも乗り降りが自由にできる乗車券のことである。

1日乗車券の購入方法と使い方

1日乗車券の購入方法と使い方

各社によって駅の自動券売機で購入できる場合と、窓口で購入する場合がある。1日乗車券は、購入した日限定で乗り放題になるのが基本。1日乗車券を手に入れたら、後は自動改札機を通すか有人の改札口で駅員に乗車券を提示して乗降すればよい。特典がついているものは、対象の店舗に1日乗車券を提示するとサービスが受けられる。

以下で、主な1日乗車券を紹介する。

JR東日本の1日乗車券(都内)

JR東日本の1日乗車券(都内)

JR東日本の鉄道は、都内を中心に比較的広い範囲を行き来したいときに便利。1日乗車券の種類も多い。

・都区内パス
都区内パスは東京23区内のJR普通列車(快速含む)の普通車自由席が乗り放題。

・東京フリーきっぷ
東京フリーきっぷは東京23区内のJR普通列車(快速含む)の普通車自由席に加えて東京メトロ線全線、都営地下鉄線全線、日暮里・舎人ライナー、都電、都バスが乗り放題になる。

・休日おでかけパス
土日祝日および、4月29日~5月5日、7月20日~8月31日、12月29日~1月3日の期間で使える。特急料金を払うと特急や新幹線にも乗車できる。

各駅のみどりの券売機・みどりの窓口などで購入可能。

東京メトロの1日乗車券

東京メトロの1日乗車券

東京メトロは東京23区をくまなく網羅しているので、都内観光に便利な1日乗車券が豊富。

・東京メトロ24時間券
東京メトロ全線が、使用開始から24時間乗り放題になる。使用期限については、たとえば15時に初めて改札機をくぐったら、翌日の15時まで使用可能。

・Tokyo Subway Ticket(24-hour~72-hour)
使用開始から24時間~72時間に限り東京メトロ線全線および都営地下鉄線全線で乗り放題になる乗車券。

・東京フリーきっぷ
東京メトロ線全線、都営地下鉄線全線、都電、都バス(深夜バス・座席定員制のもの等を除く)、日暮里・舎人ライナーの全区間およびJR線の都区内区間が1日乗り放題になる乗車券。

東京メトロ線各駅の券売機で購入することができる。

東京都交通局の1日乗車券

東京都交通局の1日乗車券

東京都交通局は、都営地下鉄と都電を運営。都営地下鉄は、浅草・新宿・渋谷など、都内の主要エリアを移動できる1日乗車券があり、都電は東京の下町を観光できる1日乗車券がある。

・都営まるごときっぷ
都営地下鉄をはじめ、都電荒川線、都バス、日暮里・舎人ライナーが1日乗り放題になる。

・都電1日乗車券
都電荒川線で1日乗り放題。各種優待が設定されている。

・都電IC1日乗車券
フリー区間は都電1日乗車券と一緒だが、PASMOとSuicaなどのICカードでも購入できる。各種優待は受けられないが、ICカードを使うので、切符の出し入れが不要。

都営地下鉄の1日乗車券は、各駅の自動券売機と、都バス・都電の車内で購入可。都電の1日乗車券は、都電車内で購入できて、前売りの発売場所でも購入できる。

東急電鉄の1日乗車券

東急電鉄の1日乗車券

東急電鉄は、行きたいエリアによって変わる1日乗車券を発売。

・東急ワンデーオープンチケット
東急線のすべてが乗り放題になる。

・トライアングルチケット
渋谷、自由が丘、二子玉川という人気のスポット「トライアングルエリア」の区間が1日乗り放題になる。

・東急江の島・鎌倉フリーパス
「東急田園都市線各駅から中央林間駅までの往復」、「小田急江ノ島線中央林間駅~藤沢駅までの往復+藤沢駅~片瀬江ノ島駅間1日乗り降り自由」、「江ノ島電鉄全線1日乗り降り自由」がセットになったお得なチケット。対象施設の優待割引もある。

ほとんどは東急線各駅の券売機で購入可能。ただし、一部の駅や世田谷線では買えない。

京急電鉄の1日乗車券

京急電鉄の1日乗車券

京急電鉄の1日乗車券は、空港からの移動を意識したものと、観光に特化したものがある。

・東京1DAYきっぷ
京急線各駅~品川の往復乗車券(品川~泉岳寺は乗り降り自由)と都営地下鉄全線、日暮里・舎人ライナー、都バス(一部除く)の1日乗車券がセットになったきっぷ。

・京急羽田・ちか鉄共通パス
「羽田空港国内線ターミナル」駅または「羽田空港国際線ターミナル」駅から「泉岳寺」駅までの片道乗車券と都営地下鉄全線、東京メトロ全線が1日乗り放題。

羽田空港から使う1日乗車券は羽田空港内の各駅の自動券売機で販売。その他は京急各駅の自動券売機で購入可能。

東武鉄道の1日乗車券

東武鉄道の1日乗車券

東武鉄道は、都内を観光するなら行っておきたいスポットを含めたお得な乗車券を発売。

・東京スカイツリー(R) 周辺散策フリーきっぷ
東京スカイツリーと、浅草など周辺地域を散策できる1日乗車券。

・浅草下町フリーきっぷ
東京の「下町」と呼ばれるエリアと循環バス「めぐりん」の一日乗車券。北千住~浅草間、曳舟~亀戸間、曳舟~押上間が乗り降り自由。

チケットごとに購入できる沿線が違ったり、東武トップツアーズでしか購入できなかったりするチケットもある。有効期限1日。

小田急電鉄の1日乗車券

小田急電鉄の1日乗車券

小田急電鉄は、神奈川県内を中心とした人気の観光エリアでお得になる1日乗車券を発売。

・小田急・世田谷線散策きっぷ
小田急線と世田谷線が乗り放題。都内の下町情緒が味わえる。

・箱根旧街道・1号線きっぷ
小田急の往復割引券と、箱根登山線および箱根登山バスが乗り放題。

購入場所は各駅の自動券売機、小田急トラベル各営業所などである。切符の種類によっては特定の駅窓口でしか販売していないものもある。

西武鉄道の1日乗車券

西武鉄道の1日乗車券

西武鉄道は、埼玉県の名所を巡りやすい1日乗車券を発売している。

・小江戸・川越フリークーポン
西武線各駅から「本川越」駅までの往復乗車券と、小江戸巡回バスの乗り降りが自由。

・川越アクセスきっぷ
「西武新宿」駅と「高田馬場」駅から「本川越」駅までの往復乗車券と往復特急券がセット。全席指定、リクライニングシートの特急小江戸号が利用できる。

・秩父フリーきっぷ
西武線発駅から「西武秩父」駅までの往復乗車券と、「芦ヶ久保」~「西武秩父」駅間と秩父鉄道(野上・長瀞~三峰口駅間)が2日間乗り降り自由となる乗車券。

西武各駅の券売機で購入可能だが、川越アクセスきっぷは「西武新宿」駅と「高田馬場」駅のみの限定販売。

京成電鉄の1日乗車券

京成電鉄の1日乗車券

京成電鉄の1日乗車券は、東京の下町巡りに便利な乗車券だ。

・下町日和きっぷ
京成線の都内エリアが乗り降り自由。千葉県内の発行駅からは、フリー区間内までの1往復分の乗車券がセットになった値段設定。京成線各駅の券売機で購入可能。

東京ベイエリアの1日乗車券

お台場へつながる東京ベイエリアを走る鉄道にも、1日乗車券がある。

・「ゆりかもめ」一日乗車券
ゆりかもめ各駅の自動販売機で購入できる。

・「りんかい線」一日乗車券
りんかい線各駅の窓口および一部の自動券売機で購入できる。

最後に

いろいろあって選択に迷う1日乗車券。ご紹介した切符以外にも種類があるので、ホームページなどで調べてみると良い。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする