日本でバイクに乗るなら

日本でバイクに乗るなら

Update: 2016/10/25

日本でバイクに乗るときに守るべき交通ルールは?運転免許証は必要?など知っておくべきことを紹介。

免許証について

免許証について

次のいずれかの免許証が必要である。
・日本の免許証
・国際免許証。ジュネーブ条約加盟国が、ジュネーブ条約に基づき発行したもの。ジュネーブ条約以外の条約(1968年ウィーン条約等)に基づく国際免許証による運転は認められていないので注意。
・外国運転免許証及び日本語翻訳文添付(現在は、スイス連邦・スロベニア共和国・ドイツ連邦共和国・フランス共和国・ベルギー王国・モナコ公国及び台湾の6か国1地域のみ)。
また、運転できる期間が決められているので確認を。

ヘルメットの着用を

ヘルメットの着用を

バイクは車と違って車体が小さく見落とされがちなので、自分の身を守るためにも交通ルールやマナーを守ろう。目立つ色のウェアを着たり、反射材を着けておくと良い。また、日本でバイクに乗車するときはヘルメットの着用が義務づけられている。

2人乗りについて

2人乗りについて

バイクは2人までの乗車が決められている。また、2人乗りをする場合も制約がある。まず、一般道では排気量50cc超、高速道路では排気量125cc超、また、同乗者用の乗車装置を備えていること、免許を取得してから既定の年数を経ている必要がある。一般道路を走る場合は免許を取得して1年、高速道路の場合は年齢が20歳以上、3年が経っていないとバイクの2人乗りは認められていない。また2人乗りでは通行できない区間もある。

違法行為である改造について

違法行為である改造について

大きな音の出るマフラーをつけたり、スピードリミッターを外したりといった改造は違法行為である。ナンバープレートも見えにくかったり、折り曲げていたりすると違法とされる。

危険運転について

危険運転について

イヤホンで音楽等を聞きながらの運転やスマートフォンを操作しながらの運転は危険である。くれぐれも安全運転を心がけたい。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする