便利なタクシーをもっと使いたい!

便利なタクシーをもっと使いたい!

Update:

電車やバスでの移動は安くて早いけど、都会の路線図は複雑で、地方都市では公共の乗り物の本数が少ないことも。目的地まで連れて行ってくれるタクシーが便利だ。

空車のタクシーを見分ける方法とは?

空車のタクシーを見分ける方法とは?

街中でタクシーを停める場合、すでに客を乗せているタクシーに手を上げても停まってくれない。空車のタクシーを見分ける方法は、昼間はフロントガラスの助手席側に赤いサインが出ている車、夜間はフロント部以外にも屋根の上についている表示灯が光っていれば空車となるので目印にするといいだろう。運転手に気づいてもらいやすくするためにも早めに手を上げておいた方がよい。

タクシーの止め方

タクシーの止め方

タクシーに乗る方法は大きく分けて2種類。タクシー乗り場と書かれている場所でタクシーに乗る方法、走っているタクシーに手を上げて停める方法だ。タクシー乗り場は駅前のロータリーやデパート、ショッピングモールのエントランス付近などにある場合が多い。

タクシーの乗り方

タクシーの乗り方

日本のタクシーは、後部座席のドアが自動で開く車が大半だ。タクシーに乗る意思を示すと、運転手が自動でドアを開けてくれる。この時、ぶつからないように注意が必要。助手席に乗る場合は自分でドアを開ける。大きな荷物がある場合などはトランクを開けてもらい荷物を積んでもらおう。普通車タイプのタクシーは後部座席に3人、助手席に1人の計4人までが乗れるようになっている。

目的地の伝え方

目的地の伝え方

タクシーに乗ったらまず、目的地を伝えよう。日本人の運転手は英語が話せない人も多い。トラブルを避けるためにも、ガイドブックや目的地をローマ字で書いたものなどを持っているといいだろう。また、運転手さんから「どんな道順で行きたいですか?」と聞かれることがある。特になければ「お任せします」と一言いえばよい。

車内で注意することは?

車内で注意することは?

現在の日本のタクシーは禁煙車が多い。車内での喫煙は控えるようにしよう。次に飲食。他の客のことも考えて控えよう。いずれにしても運転手に一言断っておいた方がトラブルを回避できるだろう。飲み物も、シートなどを汚さないように気を付けよう。

料金の支払い方法は?

料金の支払い方法は?

目的地に着いたら料金を支払う。料金は運転席横に表示されている。夜間は深夜料金がかかる場合が多いので注意が必要だ。また、クレジットカードでの支払いが可能なタクシーも多いが、使えないタクシーもあるので、カードでの支払いを希望する場合は、乗車の際に確認するといいだろう。また、チップの習慣はないので払う必要はない。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする