HOME 両国・東京スカイツリー(R) 東京にいるなら見ておきたい!夏祭り
HOME 築地 東京にいるなら見ておきたい!夏祭り
HOME 六本木 東京にいるなら見ておきたい!夏祭り
東京にいるなら見ておきたい!夏祭り

東京にいるなら見ておきたい!夏祭り

Update:

6月には、東京都内各地の神社では古い伝統を誇る様々な夏祭りが行われる。大人も子供も一緒になって楽しめるイベントも多く、誰でも見学できる。

山王祭

山王祭

<6月7日(火)~17日(金)>
東京の守護神として古くから崇敬されてきた日枝神社の祭り。東京を代表する三大祭りの筆頭であり、京都の祇園祭、大阪の天神祭と共に日本三大祭にも数えられている。
6月10日には華麗な神輿行列や山車行列が皇居や銀座、丸の内など東京都心を練り歩き、江戸時代にタイムスリップしたかのような体験ができる。13日~15日の夜には日枝神社で歌と踊りの納涼大会を開催。テントの中にやぐらを建てるので雨天でも開催する。10日、12日、14日、15日には日本の伝統的な神事芸能である「里神楽」や「神楽囃子」が開催される。

鳥越祭り

鳥越祭り

<6月11日(土)・12日(日)>
651年に創建したと伝わる鳥越神社の祭り。千貫(せんがん)神輿といわれる東京都内随一の重さを誇る大きな神輿を、大勢の氏子たちがかついで鳥越町内を練り歩く勇壮な祭りだ。夜になると提灯に火が灯されて祭りは最高潮を迎える。これは「鳥越の夜祭り」といわれ、幻想的なシーンが見られる。

つきじ獅子祭

つきじ獅子祭

<6月10日(金)~12日(日)>
江戸時代から続く祭りで、獅子の頭部をかたどった木製の獅子頭をかついで築地の町中を練り歩く。波除稲荷神社が行う。11日は日本の伝統芸能のひとつ、「江戸里神楽」が神社の社殿で行われる。12日には高さ約2メートル、重さ700キロもの雌の大きな獅子「弁財天お歯黒獅子」をかついで練り歩く。雌の獅子頭ということから、女性限定でかつぐ区間もある。

  • 波除稲荷神社
    • 住所 6 Chome-20-37 Tsukiji, Chuo, Tokyo 104-0045
※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする