HOME 六本木 心も体も充実する東京都内0円スポット4選
HOME 自由が丘 心も体も充実する東京都内0円スポット4選
HOME 両国・東京スカイツリー(R) 心も体も充実する東京都内0円スポット4選
心も体も充実する東京都内0円スポット4選

心も体も充実する東京都内0円スポット4選

Update:

アイディア次第でお金を使わずに旅行を楽しめる。ふらっと立ち寄れる、六本木や芝浦、池尻大橋に学芸大学の0円スポットを紹介。

【六本木】パブリックアートを制覇!

【六本木】パブリックアートを制覇!

2003年のオープン当初から、敷地内にある数々のパブリックアートが注目されていた六本木ヒルズ。メインエントランスにあるのは巨大なブロンズのクモ。高さ10mを超える。ルイーズ・ブルジョワの「ママン」という作品。

こちらは宮島達男の「カウンター・ヴォイド」(2003年)。国内外の著名デザイナーによるベンチなども含めて20近くの作品があり、実は屋外だけでも見応え十分のアート&デザインツアーが楽しめる。

六本木ヒルズと森美術館の10周年を記念するこの作品は、ジャン=ミシェル・オトニエルの「Kin no Kokoro」(2013年)。パブリックアートを背景にしたセルフィー大会を開催しても楽しそう!六本木ヒルズの「パブリックアート ガイドマップ」が公式サイトからダウンロードできるので、ぜひ参考にして。

【池尻大橋】季節感あふれる屋上庭園

【池尻大橋】季節感あふれる屋上庭園

四季折々の植物が楽しめるループ状のなだらかな遊歩道「目黒天空庭園」は、首都高速のジャンクションの上に作られた屋上庭園だ。開園した2013年には、グッドデザイン賞や都市公園コンクールにおける国土交通大臣賞などを受賞しており、大規模屋上緑化の新しいアプローチとして注目を集めている。

約7,000㎡という広大な園内はエリアごとにテーマがあり、歩きながら緑を眺めているだけでも飽きない。東口広場の展望デッキからは富士山を望むこともできる。11月以降なら紅葉も見どころだ。

【学芸大学】坐禅で頭と心をデトックス

【学芸大学】坐禅で頭と心をデトックス

モヤモヤした気持ちをスッキリさせたい人におすすめなのが「坐禅体験」。目黒区碑文谷にある圓融寺では、平日19時以降に坐禅が体験できる。坐禅初心者なら、まずは毎月最終水曜に行われる「ちょっと坐ろう会」に参禅してみよう(要申し込み)。もう少し時間をかけてみたい人は参加自由の「金曜夜禅」で、じっくり自分と向き合ってみて。

参加者の年齢層は20代から80代まで幅広く、男女比はほぼ半々とのこと。坐禅の後は自由に参加できる茶話会も用意されている。重要文化財に指定されている釈迦堂の厳かな雰囲気の中で、「何もしない時間」を楽しんでみては。

  • 天台宗 経王山 文殊院 圓融寺
    • 住所 1-22-22, Himonya, Meguro-ku, Tokyo, 152-0003

【芝浦】レインボーブリッジを歩こう

【芝浦】レインボーブリッジを歩こう

レインボーブリッジの下には「レインボープロムナード」という遊歩道があり、歩いて橋を渡ることができる。長さは1.7km、ゆっくり歩いても30分程度なのでほどよい運動に。臨海副都心を望むサウスルート、晴海埠頭や都心のビル群を望むノースルートがあるので、往復してどちらの夜景が好きか比べてみるのも一興だ。海面から橋までの高さは50mを超えるため、高所恐怖症の人には少しつらいかも知れないが、眺望は素晴らしい。のんびり歩きながら、日が暮れていく様子を眺めてみては。11月以降は開場が18時までなので、夜のお散歩を楽しむなら10月中に。お金をかけなくても、心を豊かにするような「遊び」は意外とたくさん!

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする