HOME 北海道 登別・洞爺湖 北海道は日本屈指の温泉天国!登別、洞爺湖、定山渓…人気の温泉地まとめ
HOME 北海道 札幌・千歳 北海道は日本屈指の温泉天国!登別、洞爺湖、定山渓…人気の温泉地まとめ
HOME 北海道 函館 北海道は日本屈指の温泉天国!登別、洞爺湖、定山渓…人気の温泉地まとめ
北海道は日本屈指の温泉天国!登別、洞爺湖、定山渓…人気の温泉地まとめ

北海道は日本屈指の温泉天国!登別、洞爺湖、定山渓…人気の温泉地まとめ

公開日: 2018/11/30

広い北海道には大雪山の旭岳、十勝岳連峰、東側には知床連山、雌阿寒岳、硫黄山(アトサヌプリ)、有珠山など活火山があり、その恩恵である温泉が各地にある。活火山の懐や、海岸線に湧く温泉、植物性の有機物を含んだ温泉など、ロケーションや泉質もバラエティに富んだ温泉天国とも言える。この記事では、北海道が誇る人気の温泉地をまとめて紹介。

バラエティに富んだ泉質の温泉「登別温泉」

北海道を代表する登別温泉の源泉は湯煙が立ち上る地獄谷。ここから温泉が1日1万トンも湧いていて、近くにある温泉宿へと引かれている。泉質も9種類とバラエティに富か。泉質の違う湯を張った温泉宿では、お湯の違いを肌で知ることができる。なお、地獄谷は登別の観光スポットでもあり、遊歩道で散策ができる。温泉街には登別のシンボル、鬼の像があちこちに見られる。

登別温泉の源泉のひとつ、地獄谷
谷間に広がる登別温泉の温泉街

・特徴:9種類の泉質があり、源泉温度も45〜90℃と高温。温泉ホテルでは、違う泉質の温泉を入れた浴槽や露天風呂があり、湯巡りが楽しめる。
温泉地の規模:14のホテルがある。登別温泉通沿いに、飲食店やみやげ物屋が点在している。
・アクセス:JR札幌駅から1日1便の高速おんせん号で登別温泉まで約1時間50分。
・泉質と効能
硫黄泉:慢性皮膚病など
食塩泉:慢性皮膚病など
綠ばん泉:貧血症など
ラジウム泉:神経痛など
・主なホテル
第一滝本館、登別グランドホテルホテルまほろば

絶景と湯量豊富な「洞爺湖温泉」

洞爺湖は太古の火山活動でできたカルデラ湖。中央に中島が浮かび、風光明媚な風景は、世界ジオパークにも登録されている。湖畔にはホテルが十数件あり、日帰り入浴ができる温泉宿も多い。また、無料で利用できる手湯、足湯もある。4月下旬〜10月にかけては、毎晩、花火大会が開催される。

洞爺湖と中島、奥の山は羊蹄山
4月下旬〜10月にかけて花火大会が毎日開催される

・特徴:洞爺湖の絶景を見ながら入浴でき、毎分約1400リットルと湯量が豊富。
温泉地の規模:ホテル旅館が14軒、そのほか民宿やペンションがあり温泉街には飲食店やみやげ物屋がある。
・アクセス:JR札幌駅からバスで約2時間45分
・泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
・効能:切り傷、冷え性など
・主なホテル
洞爺湖万世閣ホテルレイクサイドテラス、絶景の湯宿洞爺湖畔亭、洞爺観光ホテル

札幌駅からアクセス便利な「定山渓温泉」

札幌の中心部から南へ26km、車で1時間ほどの場所にある人気の温泉地。1866年に修験僧・美泉定山が、アイヌの案内で泉源を見つけ、湯治場を作ったのが始まりという歴史のある温泉だ。緑豊かな渓谷にあり、秋の紅葉スポットとしても知られている。

渓谷沿いに温泉宿が並ぶ

宿では風光明媚な露天風呂で温泉浴が楽しめる

・特徴:無色透明で湧出温度は50〜80℃と高温
温泉地の規模:大型ホテルや老舗宿が18軒ほど。温泉街に源泉公園、手湯、足湯、散策路がある。
・アクセス:JR札幌駅からバスで約1時間
・泉質:ナトリウム-塩化物泉
・効能:貧血症、神経痛など
・主なホテル
定山渓万世閣ホテルミリオーネ、定山渓ビューホテルホテル鹿の湯

函館空港からすぐの海に面した「湯の川温泉」

函館空港から車で5分、函館市街からも車で15分ほどと、観光の拠点に便利な湯の川温泉。1653年に発見された歴史のある温泉で、その後1886年に湯治場が開設され、発展していった。津軽海峡に面し、海が見える露天風呂が自慢の宿も多い。また、温泉地にある熱帯植物園では、冬、温泉に入るサルが有名。

津軽海峡の先に本州の下北半島、右手には函館山が望める
湯の川温泉名物の温泉に入るサル

・特徴:海に面し、合計22本の源泉から毎分約4850リットルの温泉が湧出。湯温は平均で65℃。
温泉地の規模:大型ホテルや割烹旅館など19軒ほどある。宿や飲食店が建ち並ぶ温泉街のようなものはない。
・アクセス:JR札幌駅前からバスで約6時間
・泉質:ナトリウム・カルシウム塩化物泉
・効能:肩こり、打ち身、ねんざなど
・主なホテル
湯の川プリンスホテル渚亭、湯元啄木亭、望楼NOGUCHI函館

世界でも珍しい植物性モール温泉の「十勝川温泉」

十勝川の河畔に位置する十勝川温泉は、地下500〜700mから湧き出す温度55〜60℃の植物性モール温泉。モール温泉は鉱物性温泉と違い、泥炭に由来する腐植物(フミン質)を含むアルカリ性で、柔らかな湯が特徴。肌がつるつるになると評判だ。

水は赤茶色で独特な香りとややぬめりがある

・特徴:アルカリ性で赤茶色をしている
温泉地の規模:十勝川河畔に9軒のホテルがあり、その周辺にもモール温泉を引いた宿がある。ただし、宿や飲食店が建ち並ぶ温泉街はない。
・アクセス:JR帯広駅から車で約30分
・泉質:弱アルカリ性低張性高温泉
・効能:神経痛、関節痛、慢性皮膚炎など
・主なホテル
ホテル大平原、笹井ホテル、三余庵

大雪山の大自然の麓にある「層雲峡温泉」

大雪連峰黒岳の麓、標高670mの場所にある山岳リゾート的な温泉地。黒岳へは温泉街からロープウエイとリフトを使い、7合目まで気軽に行ける。渓谷美で知られる層雲峡温泉地として人気がある。

露天風呂からは豊かな自然が眺められる
層雲峡温泉から黒岳へと上るロープウェイ

・特徴:大雪山黒岳のふもとにあり、各ホテルが源泉を引いている。
温泉地の規模:ホテル17軒
・アクセス:JR旭川駅から車で1時間30分
・泉質:主に単純泉
・効能:神経痛、冷え性、関節痛など
・主なホテル
層雲峡観光ホテルホテル大雪、層雲峡朝陽亭

  • 層雲峡温泉
    • 住所 〒078-1701 北海道上川郡上川町層雲峡

    電話:01658-5-3350(層雲峡観光案内所)

マリモが生育する阿寒湖の湖畔にある「阿寒湖温泉」

天然記念物のマリモが生育することで有名な、阿寒湖の湖畔に湧く温泉。湖畔には泥が火山ガスとともに吹き出すボッケがあり、大地のエネルギーを感じられる。湖に面して大型ホテルがあり、露天風呂からの阿寒湖や雄阿寒岳、雌阿寒岳を望める。また、温泉街の外れにアイヌコタン(アイヌの集落)があり、アイヌ文化に触れられる。

ホテル阿寒湖荘の大浴場
阿寒湖と雄阿寒岳

・特徴:道東を代表する観光スポット、阿寒湖の湖畔にあり、マリモやアイヌコタンなどを見学できる。
温泉地の規模:湖畔に大きなホテルが建ち、食事処やアイヌ民族のみやげ物屋、手湯や足湯がある。アイヌコタンにはアイヌの人が営むみやげ物店が集まり、伝統舞踊を見学できるシアターもある。
・アクセス:JR釧路駅から車で約1時間30分。たんちょう釧路空港から空港連絡バスで1時間15分。
・泉質:単純泉
・効能:神経痛、冷え性など
・主なホテル
あかん遊久の里 鶴雅、湖畔の楽園ニュー阿寒ホテルホテル阿寒湖荘

噴煙を上げる硫黄山から流れる硫黄泉の「川湯温泉」

温泉街から3km離れた硫黄山(アトサヌプリ)は、かつては硫黄の採掘をしていた鉱山。今も噴気活動が続き、荒涼とした風景で周辺には硫黄臭が漂う。この硫黄山から流れ出る温泉の川のまわりに、川湯温泉の宿が点在。大きな足湯もある。豊富な湯量で、源泉掛け流し100%の温泉地だ。

噴煙を上げる硫黄山が川湯温泉の源泉
源泉かけ流しの硫黄の湯(名湯の森ホテルきたふくろう)

・特徴:温泉宿は少なく、温泉街も閑散としているが、源泉掛け流し100%のため湯治に来る人も多い。硫黄山や摩周湖、屈斜路湖の観光の拠点となる。
温泉地の規模:川湯地区に8軒の宿と、JR川湯温泉駅近くにも宿が1軒ある。
・アクセス:JR釧路駅から車で1時間30分
・泉質:強酸性硫化水素含明ばん・緑ばん泉
・効能:慢性皮膚病、神経痛など
・主なホテル
川湯観光ホテル、湯の閣池田屋、名湯の森ホテルきたふくろう

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

検索