HOME スッピンはダメ…? 外国人が驚いた日本人の身だしなみ
スッピンはダメ…? 外国人が驚いた日本人の身だしなみ

スッピンはダメ…? 外国人が驚いた日本人の身だしなみ

公開日: 2020/08/01

日本を訪れた外国人に日本人の印象を聞くと、必ずと言ってよいほど挙がる項目が日本人の身だしなみや美容について。過去にインタビューした中から、気になるコメントを抜粋して紹介します。(各コメントは回答者個人の意見です)

日本人は身だしなみに関する意識が厳しい!

日本人は身だしなみに関する意識が厳しい!

「ちょっと外に出るときでも、日本人はみんなオシャレしていますよね? 汚い恰好ができないから、ちょっと面倒なこともあります。それにタトゥーとか髪の色とかもダメなことが多いし、外見のルールが厳しい」(アメリカ人/女性/20代)

髪の色やアクセサリーの着用など、子供のころから校則などでもしっかり決められているのが多い日本。特にアメリカなどの欧米圏からは、かなり厳しいと感じるようです。社会人になってもビジネスマナーとして暗黙のルール的に決められていることもあるので、自由度がなく窮屈。ビジネスカジュアルなど、ルールがゆるくなっているところも増えてきていますが、まだまだ堅苦しいイメージがあるようです。

日本人女性はいつも美に気を使っててすごい

日本人女性はいつも美に気を使っててすごい

続いては、日本人と結婚して2年経つという中国人女性から。中国を訪れた人なら分かるかもしれませんが、街中を歩いている女性で化粧をしている人はわりと少ないですよね。もちろん場所にもよるとは思いますが。

「私も中国にいるときには、化粧なんてあまりしませんでした。でも、日本の女性はきちんと化粧をしているから私もがんばっています(笑)。中国人でも20代の若い子はある程度の化粧はするけれど、30代にもなると8割くらいの人はすっぴんです。特に結婚したら、化粧する必要はありませんよ(笑)。日本では年配の女性も肌やファッションに気を使っているから偉いなって思います。そこまでがんばってキレイにならなくてもいいのにっていうのが本音ですけどね(笑)」

日本では日常の光景である女子トイレでの化粧直しも、中国では目にすることがほとんどないとのこと。

「おしゃれのために、寒い冬でも薄着なのも信じられない!中国では、若い子でも冬に短いスカートを履きませんよ。タイツも履かずにスカート姿で街を歩く日本人女性を見たときには、目を疑いました(笑)女性は体を冷やしてはいけないと親に教わっているから、冬はたくさん着込みます」

日本人の色白美白は、永遠の憧れです!

日本人の色白美白は、永遠の憧れです!

日系企業で通訳として勤めるベトナム人女性のNさんは、日本人女性たちのある特徴についてカルチャーショックを受けたことがあるようです。

「日本人の女の子たちはみんな色が白い!透き通るような肌をしている子ばかりで本当にうらやましいの。だから日本製の美白クリームを使って、少しでもきれいな肌に見せたくて日々頑張っているの」

Nさんはパッチリとした二重の小顔美人で、日本人からすればうらやましい要素をたっぷり持った顔立ちをしています。それでも、日本人の肌は何よりの憧れだそう。日本人も美白を手に入れるために、さまざまなアイテムや化粧品を駆使して必死ですよ!

汗をかいていないなら、お風呂に入らなくていいんじゃない?

汗をかいていないなら、お風呂に入らなくていいんじゃない?

30代のタイ人女性は日常的な習慣として、「お風呂」についてもショックを受けたことがあるそう。

「主人は必ず毎日お風呂に入るんです」

……ん?それって普通では……。

「タイでは、寒い時や汗をかいていない日は、お風呂に入らず過ごす人がまだ多いです。特に男性は、美容に鈍感ですから。主人もおしゃれではないけれど、必ず毎日お風呂に入るのは驚きました」

日本人は小さなころから毎日お風呂に入る習慣があるので、汗をかかなかろうが寒かろうが、毎日入る人がほとんど。これについて逆に、旦那様のほうが「毎日入らないの!?」と驚かれたのでは……。

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

検索