HOME 「中年男性はおしぼりで顔を拭く」「穴あき靴下に注意」 海外の日本ガイドブックに載っているトリセツが面白い
「中年男性はおしぼりで顔を拭く」「穴あき靴下に注意」 海外の日本ガイドブックに載っているトリセツが面白い

「中年男性はおしぼりで顔を拭く」「穴あき靴下に注意」 海外の日本ガイドブックに載っているトリセツが面白い

公開日: 2019/12/09
更新日: 2020/03/02

初めて行く国を訪れる際、多くの人が手にするのが、その国のガイドブック。「アメリカでのチップの払い方」「韓国ではトイレットペーパーを流してはいけない」など、事前にその国の事をある程度知ってから行きたいですよね。

当然、日本を初めて訪れる外国人旅行者たちも、同じように日本という国をガイドブックで学んでから来ることが多いようです。

海外で発行されている「ガイドブック」やWebサイトなどで、日本はどう描かれているのでしょうか。我々日本人も知らない「海外から見た日本」とは? 意外な「ニッポンのトリセツ」を紹介していきます。

目次
  1. 「エクスキューズミーはNG!」英語で道を尋ねると日本人は逃げていく
  2. 「受け取ってもOK!」街頭で配っているティッシュは無料
  3. 「おしゃべりはOK!でも電話はNO!」電車内で電話はマナー違反
  4. 「使えないお金もあるので要注意!」自動販売機大国ニッポン
  5. 「穴あき靴下に注意!」部屋に上がるときは必ず靴を脱ぐ!
  6. 「びっくりしないで!」中年男性はよく“おしぼり”で顔を拭く

「エクスキューズミーはNG!」英語で道を尋ねると日本人は逃げていく

「エクスキューズミーはNG!」英語で道を尋ねると日本人は逃げていく
StreetVJ / Shutterstock.com

中国で発行されているガイドブックにこんな一文があります。「日本人は外国人が英語で道を聞くと必ず逃げていく」

「必ず逃げていく」かどうかはさて置き。確かに急に英語で話しかけられるとドキッとしてしまいますよね。

日本では、看板や店名など街中で英語が多く見られるため、外国人旅行者からすると「英語が通じる」と思ってしまうのも無理はないのかもしれません。

我々日本人は小学校(以前は中学校)から英語を習うので、多少の読み書きならできる人も多いと思います。しかし、実際に英語を話す機会はほとんどないので「英語が通じる」体で話しかけられると「拒絶」してしまいがちです。

実際は、簡単な英単語などは通じる場合も多いので、「すみません」「ごめんなさい」など、片言でも良いので日本語で話しかけてもらえると、その後のやり取りもスムーズにいくかもしれませんね。

「受け取ってもOK!」街頭で配っているティッシュは無料

「受け取ってもOK!」街頭で配っているティッシュは無料

アメリカのガイドブックにこんな事が書かれています。「街で配っているティッシュは受け取っても害はない」

確かに、受け取っても害は全くありません。日本では当たり前となっている「ティッシュ配り」。なぜ、わざわざガイドブックに記載されているのでしょうか?

ティッシュ配りが驚かれる理由として、海外では紙がとても高価であることがあるようです。日本のように気軽に配布ができる価格ではないため、ティッシュを無料で配布することはとても珍しいそうです。

実際に街でティッシュ配りをしている日本人に話を聞いてみると……。警戒して受け取らない人や、逆に喜んで沢山受け取る人も多くいるそうで、日本人のように淡々と受け取る人は少ないそうです。中には、ティッシュに掲載されている広告やイラストが面白いということで、お土産にする外国人旅行者もいるそうです。

我々には当たり前すぎる光景だけに、意外なトリセツですね。

「おしゃべりはOK!でも電話はNO!」電車内で電話はマナー違反

「おしゃべりはOK!でも電話はNO!」電車内で電話はマナー違反

友人の外国人が日本へ遊びに来たときに、説明すると必ず驚くのが「電車内での電話禁止」。実際、各国のガイドブックにも書かれているようで、海外ではまずない、日本独自の「ガラパゴスルール」だそうです。

我々日本人からすると、常識のルールですが、外国人からすると、「電車内での会話はOKなのに、通話がNGなのはなぜ?」という疑問が湧くようです。確かに、同じ話すという行為なのに2人以上で話す会話が良くて、1人で話す通話がダメなのはなぜなのでしょうか?

それは話している人の意識が、電車内にあるかどうかが大きなポイントになりそうです。

日本人は、電車内や公共の施設では、大声で話さないというマナーを持っている人が多いため、電車内で会話しても、大声で話す人は少数派。一方、電話の場合、相手との会話に集中するため、電車内にいることをついつい忘れがち。さらに、電車内の騒音より大きな声で通話相手に伝える必要があるので、必然的に大声になりがちです。

何もしらない外国人からすると、電車内でほとんどの人が、静かにスマホを操作している姿は、異様に映るようです。マナー大国ニッポンならではのトリセツです。

「使えないお金もあるので要注意!」自動販売機大国ニッポン

「使えないお金もあるので要注意!」自動販売機大国ニッポン
noina / Shutterstock.com

日本を訪れた外国人旅行者が、街を歩いていて驚くことの1つが「自動販売機の多さ」なのだそうです。

海外では、ショッピングモールや駅など、施設内に置かれている事がほとんど。街中に自動販売機が置かれている光景は、盗難・破壊などの心配がない、治安の良い日本ならでは。

現在、日本には400万台以上の自動販売機があるといわれています(出典:日本自動販売システム機械工業会)。そんな自販機大国ニッポンで「外国人旅行者が注意しなければならないポイント!」として紹介されているのが「自動販売機で1円と5円は使えない!」です。

自動販売機で対応している硬貨は、五百円玉、百円玉、五十円玉、十円玉の4種類。一円玉と五円玉は基本的に使用できません。さらに一部を除き、使える紙幣も千円札のみ。日本人からすると当然のことですが、戸惑う外国人旅行者もいるようです。


ではなぜ、一円玉と五円玉は使えないのでしょうか? それは「省スペース化するため」だそうです。確かに、一円玉と五円玉が使えると、それぞれの硬貨を大量に保管しておくスペースが自販機内に必要になってしまいますね。

ちなみに、自動販売機では使えないこの「五円玉」ですが、実は、日本のお金で唯一、アラビア数字の表記がない硬貨なんです。他のお金と違って、描かれているのは漢数字の「五円」のみ。漢字を読めない外国人からすると、まさに「謎の硬貨」。

しかしその逆、キレイな金色かつ、海外では珍しい穴あきデザインなので、外国人旅行者の中には、お土産にする人もいるそうです。

改めて考えてみると……なるほどと思うトリセツですね。

「穴あき靴下に注意!」部屋に上がるときは必ず靴を脱ぐ!

「穴あき靴下に注意!」部屋に上がるときは必ず靴を脱ぐ!

日本の代表的な文化のつに「室内では靴を脱ぐ」があります。外国人旅行者の中には、この“靴を脱ぐ”での失敗談が多いそうで、各国のガイドブックにも、注意が記載されています。

「靴を履いたまま入ってしまった」など定番の失敗はもちろん、意外と多いのが「穴あき靴下を履いてしまった」だそうで、普段靴を脱ぐ機会がないため、油断して穴の空いた靴下を履いていて、恥ずかしい思いをする外国人旅行者もいるようです。

高温多湿の日本では、玄関で靴を脱ぐことで室内を清潔に保つ文化が育ちました。日本をより楽しんでもらうためにも、外国人旅行者には日本へ来る前に「脱ぎやすい靴」と「きれいな靴下」を用意することをオススメしたいですね。

「びっくりしないで!」中年男性はよく“おしぼり”で顔を拭く

「びっくりしないで!」中年男性はよく“おしぼり”で顔を拭く

日本人にとっては当たり前すぎて、その存在自体が気にならないもの……「おしぼり」。大体のお店へ入ると、最初に出てくる、日本では当たり前のサービスです。

しかし海外では「紙ナプキン」が一般的で、日本ほど手を洗う習慣もないため、「ビジネスクラスに乗ったときに出されるサービス」と捉えられ、高級なおもてなしに驚く人も多いそうです。

さらに外国人を驚かすのが、そのおしぼりで「顔を拭く」中年男性たち!これは海外ではまず見られない光景なので「オーマイガー!」とびっくりする人が多いそうです。

日本人にとっては当たり前の「冬は温かく夏は冷たい」おしぼりのサービス。おもてなし精神から生まれたトリセツですね。

我々日本人も知らなかった「ニッポンのトリセツ」。どれも日本人特有のマナーや、おもてなしの心の現れではないでしょうか? 2020年は東京五輪の開催で沢山の外国人旅行者が日本へ来ます。どのトリセツも、ニッポンの良さとして感じてもらいたいですね。

出典:「ニッポンのトリセツ」立東舎
出典:「開始在日本自助旅行」旅游教育出版社
出典:「Lonely Planet Japan」Lonely Planet Publications

Written by:

SUKEMARU

SUKEMARU

青森県出身。大阪府在住。舞台脚本、シナリオライター、YouTuberなどを経て、現在は放送作家として活動中。

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

検索