HOME 会えなくて寂しいときは… 遠距離の国際恋愛を楽しむ6つのコツ
会えなくて寂しいときは… 遠距離の国際恋愛を楽しむ6つのコツ

会えなくて寂しいときは… 遠距離の国際恋愛を楽しむ6つのコツ

公開日: 2020/11/02

外国人と付き合うことになったけど、離ればなれでさみしい方。せっかくなら楽しい恋愛がしたいですよね。

今回は遠距離国際恋愛を乗り越えたイギリス人女性に、遠距離国際恋愛を楽しむコツをインタビューしてきました。お互いを思いやる気持ちと行動が大切のようです。早速みていきましょう。(以下は回答者の個人的な意見です)

1. 会えなくても寂しくないのは毎日連絡を取り合うから

1. 会えなくても寂しくないのは毎日連絡を取り合うから

国境を超えた遠距離恋愛は、そう簡単に会えません。今回インタビューをしたのはイギリス人女性と日本人男性のカップル。イギリス人女性が日本で働き、日本人男性がイギリスで学生をしていたケースでした。イギリスと日本は飛行機で片道約11時間の距離、9時間の時差あり、お互い会いに行くことは容易ではなかったと言います。

「会えなくても寂しくなく過ごせた理由は、彼がマメで毎日連絡をくれたからです」

必ず「おはよう」や「おやすみ」などの挨拶は欠かさなかったというこの二人。時間が会えばビデオ通話をするなどしていたそう。特に今回は女性ではなく男性がマメだったのがよかったようです。

「女性がマメで男性があまり連絡を取りたくないという遠距離国際カップルが友達にいましたが、彼女は不安になっていましたね」

傾向として「女性より男性の方がマメだと、女性も安心するのでうまくいきやすいのでは」とのこと。もちろん負担にならない程度に連絡を取り合うのが一番ですが、お互いが会えなくても満たされるように努力をすることは大事ですね。

2. 時差があるなら、それを考慮した時間に連絡をする

2. 時差があるなら、それを考慮した時間に連絡をする

国境を超えてしまうと問題になるのが時差。自分が活動する時間に相手の国が夜中で、というケースは珍しくありません。

「私たちも日本の夜はイギリスの朝だったので、ほぼ真逆でした。なので起きたらすぐ話すという努力をしていましたね。相手が大学生だったので、仕事に行くほど忙しくなかったのも助かりました」

電話をするために少し早起きをするなど、ちょっとした努力は必要とのこと。社会人同士でなかなか時間が取れない二人であれば、自分が起きたタイミングで連絡を入れておくなどはできるかもしれません。また、平日は難しくても休日に電話するなど、お互いが思いやりを持って時間を取ることは必要不可欠です。

「ちょっとした努力をしてくれることで、自分のことを好きでいてくれる安心感にもつながります」

好きという言葉も大事ですが、行動で表してくれるとなお安心するそう。遠距離だからこそ、より大事なパフォーマンスかもしれません。

3. 不安や不満が募ったら、我慢せずに伝えること

3. 不安や不満が募ったら、我慢せずに伝えること

お互いが思いやっても、少しずつ不安や不満は募るもの。もしスッキリしないことがあった場合は、どのように対処しているのでしょうか。

「とにかく話す機会を設けます。自分の中では溜めずに相手に伝えるが鉄則です」

気軽に質問しあえる関係性を築くのが大事だというイギリス人女性。いつでも質問でき、不安なことを伝えられたからこそ、すぐに問題は解決できたと言います。

「毎日一人で心配をしていると、緊張状態が続き爆発してしまうこともあります。そっちの方が嫌ですよね」

片方が溜めていきなり怒り出すと、遠距離恋愛だと特に会話がしにくいため修復が難しくなります。なので、自分のネガティブな思いは相手に常にシェアして解消することが、関係性を保つ大事なポイントだと教えてくれました。

4. 会えなくて不安であれば、いつに会うか先の予定を立てる

4. 会えなくて不安であれば、いつに会うか先の予定を立てる

遠距離恋愛だと半年や1年会えない状態が続くことはよくある話。しかしいつ会えるのか分からない状態だと、この先どうなるのだろうと不安が募るばかりです。

「お互いがいつ会いに行くかを決めていました。また、彼も日本で仕事をしたいと言っていてたのでその予定も分かっていました。未来に何をするか明確にしておくのは大事だと思います」

二人が付き合い出した理由も、彼が日本にくるのが分かっていたからというイギリス人女性。そうでなくても、次はいつ会えるかなどタイミングが明確であると、不安に思わずに済みます。遠距離恋愛中はお互いが1回ずつ相手の国に行ったそうです。

「もし会いに行くときはどちらかだけが会いに行くのではなく、お互い行き来することが重要です」

1人だけが会いに行くとなると、お金も時間も片方の負担になってしまうため、今回は私が行ったから次回はあなたが来てね、と行き来し会うのがいい関係を保つ方法だそうです。

5. どこに出かける、今どこにいるなど気さくに連絡しあう

5. どこに出かける、今どこにいるなど気さくに連絡しあう

よく写真を撮っては送りあっていたというこちらのカップル。そうすることで「今」を共有できていたとのことです。

「今どんなところにいるとか、今帰りましたよとか。変顔を撮って送ったこともありました」

一緒の空間にいることができないため、なかなか相手がどこにいるのかとか、どんな物に反応するのかとか見えづらいですよね。なのでお互いが気になったものなどを写真に撮り送っていたそう。

「浮気チェックとかでは全くなく、コミュニケーションの一つとしてやっていました。けど、安心材料にもなってましたね」

どんなところで遊ぶのが好きなのかや、どういう生活をしているのかを見られるのは、相手を深く知る一つでもあるのでよかったと話してくれました。

6. 遠距離恋愛経験者の友人と話す

6. 遠距離恋愛経験者の友人と話す

自分と相手だけだと解決できないことは人に話していたというイギリス人女性。

「遠距離恋愛をしたことがある友達に、不安があったらどうやって解決したかなどアドバイスをもらいました」

寂しさなどはもちろんあるけど、共有する仲間がいることで幾分か楽になるとのこと。本人にその気持ちを伝えることはもちろん大事ですが、友達の中にも同じ状況で気持ちを理解してくれる人がいると楽になるそうです。

「私の彼は違いましたが、男性の中ではシャイな人もいますし、あまり表現してくれない人もいると思います。遠距離恋愛だとなかなかそれが伝わらないし、さらに国際恋愛だと理解が難しい時もある。なので、同じ状況の人に気持ちを分かってもらうことは、とても重要だと思いました」

「特に女性の場合は感情を共有することが安心につながることは多いと思うので、もし何かに行き詰まったら、遠距離国際恋愛経験者に相談することはおすすめです」

お互いの生活もありつつの遠距離恋愛なので、時間がどれくらい取れるかなどは人によって違います。難しい部分もあるかもしれませんが、何よりも大切なのはお互いを思いやる気持ち。離れていてもどうお互いを思いやるかということを行動することができれば、たとえ遠距離恋愛でも国際恋愛でも、長く続くことができるのではないでしょうか。

遠距離国際恋愛で悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

Written by:

Fujico

Fujico

東京都生まれ。2015年にフリーライターとして独立。北米での留学・就労経験もあり、英日の翻訳・通訳も行う。東京の島・伊豆諸島をこよなく愛し、月に1度はどこかの島にいます!

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

検索