HOME イケメンですね、が嬉しくない!? 外国人が言われて困惑した「カタカナ語」を聞いてみた
イケメンですね、が嬉しくない!? 外国人が言われて困惑した「カタカナ語」を聞いてみた

イケメンですね、が嬉しくない!? 外国人が言われて困惑した「カタカナ語」を聞いてみた

公開日: 2019/01/15

世界の中でも習得難易度が高い言語のひとつといわれる日本語。ひらがな、カタカナ、漢字を使い分けなければならないことが、ハードルをあげている理由のひとつといえるでしょう。

中でも、カタカナには、「カタカナ語」という外国人にとってやたら難しい世界があります。カタカナは外来語や固有名詞に使われていますが、独特な言葉が多く、覚えるのはとても難しいのだとか。

そこで今回は、日本語を学んできた外国人たちに、「日本人に言われて分からなかったカタカナ語」を聞いてみました! 一体どんな言葉が分からないと思ったのでしょう?

日本人が独自の解釈で使う「カタカナ英語」に混乱!

日本人が独自の解釈で使う「カタカナ英語」に混乱!

英語とは別の意味で使われる「和製英語」。英語圏出身や小さな頃から英語に慣れ親しんでいた人たちから「わからない!」との声が多数集まりました。

「マンション。アメリカでは『豪邸』って意味だから、同僚から『マンションに住んでいる』と言われてびっくりした」(アメリカ/20代/女性)

「コーン。日本人は、甘くてほぐしたとうもろこしをイメージしているとは思わなかった」(マレーシア/30代/男性)

「キーホルダー。私の国では『キーチェーン』と言います。キーを入れるケースのことだと思った」(シンガポール/20代/女性)

「カタカナの流行語」は辞書にも載っていないから難しい!

「カタカナの流行語」は辞書にも載っていないから難しい!

世相を反映した流行語は、トレンドっぽくカタカナを使われることがしばしば。そのせいで、「辞書にもない難しいカタカナ語」となっているようです。

「ミーハー。N1(日本語能力試験1級)を持っているけど、つい最近まで知りませんでした」(タイ/40代/女性)

「イケメン。日本人と話して『イケメンですね』って言われたとき、意味が分からなくて愛想笑いだけしていた。今思い出すと、感じが悪い人ですよね(笑)」(イタリア/20代/男性)

えっ、今なんて言った…?英語っぽい「カタカナ略語」は解読不能

えっ、今なんて言った…?英語っぽい「カタカナ略語」は解読不能

若者に限らず、なんでも略しがちな日本人。英語を略したカタカナ語、初めて聞く外国人たちの頭の中はハテナでいっぱいです!

「コネ。『コネクション』のことだと思わなかったし、『コネ入社』と言われて、どんな入社か全く想像つかなかった」(中国/20代/女性)

「セクハラ。『セクシャルハラスメント』は言うけれど、それを略している言葉だったなんて!」(イギリス/20代/女性)

「アラフォー。『Around 40』って意味自体も聞いたことがないし、おもしろい言葉だなって思った」(韓国/30代/男性)

仕事で使う「ビジネスのカタカナ語」、意外な落とし穴が

仕事で使う「ビジネスのカタカナ語」、意外な落とし穴が

日本人でも分からない人が続出している、ビジネスシーンのカタカナ語。実は、当たり前のように使われるビジネスのカタカナ語ほど、外国人に通じないらしいんです。

「コピペ。上司から『コピペしておいて』と言われて、用紙にプリントすることだと勘違いしました」(中国/20代/男性)

「メモる。英語では、ノートに書くという意味で『メモ(memo)』とは使わず、伝言やメールをすることで使うから」(カナダ/20代/女性)

「ノートパソコン。これは英語で使いません。『ラップトップ』(英語でノートパソコンのこと)と言うと、逆に通じない日本人が多くてびっくり」(アメリカ人/30代/男性)

これもカタカナだった!多すぎる「擬音語・擬態語」に涙目

これもカタカナだった!多すぎる「擬音語・擬態語」に涙目

番外編ですが、最後に「ゴロゴロ」「ワクワク」などの擬音語・擬態語をご紹介します。これも大体がカタカナで表現されていますが、多すぎる擬音語・擬態語は覚えるのが大変なのだそう。

「ヘラヘラ、ベラベラ、ペラペラ。すべて違う意味なのに、とても似ている。難しすぎます! 今でも擬態語はよく間違えます」(タイ/20代/女性)

「ガーン!って言葉。上司が仕事中につぶやいていて、ショックを受けている意味で使っていると知り、かわいいなぁと思って私も使うようになりました」(ベトナム/20代/女性)


こうして集めてみると、日常のいろんな場面でたくさんのカタカナ語が使われています。でも、通じて当たり前とは思わず、外国人と話すときは何気なく使うカタカナ語に要注意です!

Written by:

田中ラン

田中ラン

東南アジアが拠点のライター。安いビールが生きがい。

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

検索