HOME 韓国人女性が感じてる日本人と違うメイクのポイント10
韓国人女性が感じてる日本人と違うメイクのポイント10

韓国人女性が感じてる日本人と違うメイクのポイント10

公開日: 2019/08/01
更新日: 2020/06/19

美容大国として知られる韓国。インスタグラムで人気の化粧方法を研究したり、友達に使用しているコスメを聞いたりと、美に対してアグレッシブな女性が多いと言います。
「美人」と一言で言っても、国によっての定義は違うはず。そこで今回は、日本在住暦も長く、ファッション、美容が大好きな韓国人女性に、日本人と韓国人のメイクの違いを、メイクの方法から好みの違いまでインタビューしました。

(以下は、インタビューに応じてくださった個人の意見です)

1. クールかキュートか。理想のメイクの違い

1. クールかキュートか。理想のメイクの違い

「日本人と韓国人のメイクの好みは全く違いますね。韓国人はかっこいい、美人、クールビューティを目指す人が多いです。日本人は可愛さを意識したメイクが人気だと思います」

日本人は、たとえば女優の新垣結衣さんや石原さとみさんのような、目がぱっちりしていて可愛さを意識したスタイルが人気の一方、韓国ではクールビューティなスタイルが好まれるそうです。そして、綺麗になるためには抜かりなく、ちょっとした整形は当たり前。皮膚科や眼科でも整形ができるほど日常なことだそうです。

2. 韓国人のベースメイクはとにかく白肌!

2. 韓国人のベースメイクはとにかく白肌!

「韓国人はとにかく白い肌・ツヤ肌を目指します。日本人は肌の色に近いベースを使用していますね」

韓国では自分の肌よりも白く見せたい!と思うのが主流だそうで、ファンデーションも標準より2ランクほど白いものが人気だとか。さらにツヤ感のある肌を目指すようで、クッションファンデーションが好まれているそうです。リキッドとファンデの中間と言われているクッションファンデは、より艶やかになる他、メイク時間を削減できるので、多くの韓国人が愛用してるとのこと。一方日本人は、ほぼ肌と同じトーンのファンデーションを使用している人が多いので、韓国人ほど白さを重要視しているようには見えないそうです。

3. アイシャドーはブラウン系が人気

3. アイシャドーはブラウン系が人気

「アイシャドーは日本とあまり変わらないかもしれません。韓国人はブラウン系が人気でよりナチュラルに見えるようにしています。メイク方法は韓国人の方がより目元がハッキリとさせていると思います」

アイシャドーの好みのカラーなどは日本人とほぼ変わらないようで、ブラウン系が一般的とのこと。ただメイク方法には少し違いが。日本はほんわかと柔らかい印象を残すメイク方法に対し、韓国ではより目元がハッキリと見えるようなメイク方法にするそうです。

4. アイブロウやアイライナーはタトゥが流行!?

4. アイブロウやアイライナーはタトゥが流行!?

「アイブロウやアイライナーなどタトゥを入れている人も周りにいますよ。ベースメイクのクッションファンデもそうですけど、韓国人は時短メイクが大好きです」

ちなみに、眉の形は平行眉など、自然な形に見える眉が人気だそうです。日本でも平行眉も人気ですが、困り眉の人もまだまだ見かけますよね。アイブロウの色は髪の色に合わせた色が基本。ここは日本と同じですね。

5. 真っ赤なリップで肌色と対照的に

5. 真っ赤なリップで肌色と対照的に

「リップは、ナチュラルなピンクなどももちろん人気ですが、最近は白い肌に映える真っ赤なものをつけるのが流行っています。多くの韓国人アイドルは赤いリップをつけてるでしょ」

肌の白さを引き立たせる真っ赤なリップが人気とのこと。そういえば2017年のNHK紅白歌合戦に出場したTWICEも赤いリップを着けている子が多く見られましたね。日本では赤リップも人気ですが、唇に馴染みの良いカラーや、グロスのようなツヤ感を出してくれるリップを好む人も多いですよね。

6. チークの入れ方は小顔に見えるか、ツヤ感が出るか

6. チークの入れ方は小顔に見えるか、ツヤ感が出るか

「韓国人のチークの入れ方は、ほんわかしたイメージよりキリッとした印象を残せるチークの入れ方が流行。日本人は血色メイクでよりピンクで、ほんわかとした印象を残すチークの入れ方が人気だと思います」

以前はチークを入れない人も多かった韓国ですが、近年ではチークを入れる人が多いそう。可愛さよりも大人っぽさ、クールさを大事にしているので、より肌色に近いナチュラルな色を入れるそうです。人気のコスメはBenefitのballerina pink。一部の間ではこの色をつければ彼氏ができると言われているなど、大人気のよう。

7. マスカラはボリュームよりも長さ

7. マスカラはボリュームよりも長さ

「マスカラはまつ毛が長く見えるものが人気ですね。ボリュームよりも長さ。日本でもそうですが、パーマをかけたり育毛剤を着けて、長さを伸ばす人は韓国でも多いです」

まつ毛は長さ重視という韓国。より長く見えるようなマスカラが人気だそうです。日本でもより自然で長めに見えるようなマスカラが流行ですね。ただ、韓国では最近レッド系などカラフルなマスカラも人気なんだとか。

8. メイクの前にサウナ!?徹底的に肌づくりをする韓国人女性

8. メイクの前にサウナ!?徹底的に肌づくりをする韓国人女性

「韓国人の肌作りはデトックスが基本。多くの女性が韓国版サウナ・チムジルバンに行きます。友達と会うときや会社の休憩中に行く人もいるくらいです。垢すりもそうですが、毒素や汚れを出したいという気持ちが強いです。日本人はデトックスよりもエステに行っているイメージです」

まずはデトックスしてから!ということで週に何度もチムジルバンに行く人も珍しくないとか。お昼ご飯を食べながらチムジルバンに入っている人もいるそうですよ。さすが美容大国、肌にかける情熱がすごいですね。

9. ニキビ・吹き出物が出たら速攻皮膚科へ!

9. ニキビ・吹き出物が出たら速攻皮膚科へ!

「日本人はニキビや吹き出物が出来ても、ある程度放置している気がします。韓国の女性にとってニキビや吹き出物は大敵!出来たら速攻で皮膚科に行ってますね。また、ニキビパッチは皆愛用してますよ。ちなみに男の子だって使ってます」

男性も愛用しているというニキビパッチ。ニキビや吹き出物があること自体が恥ずかしく、すぐにでも治したいとか。「ニキビできちゃった、皮膚科に行ってくる!」という内容も日常会話だそうです。日本人でも皮膚科に行く人は多いですが、ニキビや吹き出物がひどく、治らない時に行く人が多い中、韓国人は小さなニキビでもすぐに行くのには驚きますね。

10. 白肌命でも日傘はさしません!

10. 白肌命でも日傘はさしません!

「美白が一番だと考える韓国人ですが、日差しが強い夏でも日本人のように日傘は指しません。肌を出してサングラスをかけて颯爽と皆歩いていますね。日傘をささない代わりに日焼け対策はバッチリ。その中でも日本の日焼け止めは人気で、多くの人が愛用してますよ」

紫外線は日本と同じくらい強い韓国。日本人と同じように日傘をさすのかと思いきや、意外と日傘は不人気だとか。日傘よりもサンバイザーやサングラスをかけて、肌を出すことも楽しむそうです。

クール・美白・時短が合言葉!

可愛さを求める日本に対して韓国ではクール・アジアンビューティを求める傾向が強いのですね。それにより、メイク方法や手入れもずいぶん違っているようです。近い国でも美に対する意識がこんなにも違うのは驚きですね!
キレイになりたいと思う気持ちは皆おなじ。韓国メイクで参考になるところがあれば、いつもの自分のメイクに取り入れてみてはいかがでしょうか?

Written by:

Fujico

Fujico

東京都生まれ。2015年にフリーライターとして独立。北米での留学・就労経験もあり、英日の翻訳・通訳も行う。東京の島・伊豆諸島をこよなく愛し、月に1度はどこかの島にいます!

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

検索