HOME 中国人女性が本音を暴露!日本との違いを感じた7つのこと
中国人女性が本音を暴露!日本との違いを感じた7つのこと

中国人女性が本音を暴露!日本との違いを感じた7つのこと

公開日: 2018/10/30

中国から日本へ訪れる観光客の数は右肩上がり。街中で中国人を目にする機会が増えたと感じている人も多いでしょう。

そんな中国人に対して、日本人のみなさんはどのようなイメージをもっていますか?隣国である中国の人がどういった考えをもって、どのような生活を送っているのか実はよく知らないという人がほとんどではないでしょうか。それはまた逆もしかり。中国人も日本の事をよく知らないと考えられますよね。

そこで、日本人と結婚して2年経つという中国人女性に、日本に来てからショックを受けたことを赤裸々に語ってもらっていました(以下は、インタビューに応じてくださった個人の意見です)。

1:中国の女性にとって、プレゼントは“もらうもの”。あげることはあまりないですよ

1:中国の女性にとって、プレゼントは“もらうもの”。あげることはあまりないですよ

中国の女性は気が強いと耳にしたことがありませんか?それが感じられるエピソードを話してくれました。

「日本の女性がクリスマスやバレンタインに男性にプレゼントをしているのを見て驚きました!中国では、どちらも男性が女性にプレゼントを贈る日なの。男性に贈り物をするのは、誕生日くらい!彼氏からどんなプレゼントをもらったのか女同士で報告し合って、その値段や内容によって結婚相手にふさわしいかどうかを判断するのも一般的なこと。特に花束は重要アイテムで、きちんと99本揃っているのか数えるんですよ(笑)中国語で『九』は“永久”の『久』と発音が同じだから、『永久に君を愛するよ』という意味をもつ99本の花束じゃないとNGなの」

中国ではイベントの際に彼女にプレゼントを渡し忘れたら、フラれても仕方ないとのこと。また、結婚するのも一苦労です。

「男性にプロポーズされたら、マンションや車をはじめとした資産を必ずチェックします。結納金の額も女性の親が指定することが一般的です。中国では結婚前でも彼氏のお金を使って買い物をするのがわりと当たり前になっているから、息子に彼女ができたら親がお小遣いを多めに渡すこともざらです」

聞けば聞くほど、中国人男性に同情せずにいられません…。中国では男女で収入の差がほとんどないにもかかわらず、男性の金銭的負担が大きいそうです。そうして無事に結婚できたとしても、仕事帰りに飲みに行こうものなら妻から怒涛の電話攻撃があるそうで、スーパーで買い物をしてまっすぐ家に帰るとのこと……。これは日本も同じようなものですが、彼女の周りでは結婚したくないと思っている中国人男性もちらほらいるとか。

2:女子トイレでの化粧直しを見てビックリ!日本人女性はいつも美に気を使っててすごい

2:女子トイレでの化粧直しを見てビックリ!日本人女性はいつも美に気を使っててすごい

中国を訪れた人なら分かるかもしれませんが、街中を歩いている女性で化粧をしている人はわりと少ないですよね。

「私も中国にいるときには、化粧なんてあまりしませんでした。でも、日本の女性はきちんと化粧をしているから私もがんばっています(笑)。中国人でも20代の若い子はある程度の化粧はするけれど、30代にもなると8割くらいの人はすっぴんです。特に結婚したら、化粧する必要はありませんよ(笑)。日本では年配の女性も肌やファッションに気を使っているから偉いなって思います。そこまでがんばってキレイにならなくてもいいのにっていうのが本音ですけどね(笑)」

日本では日常の光景である女子トイレでの化粧直しも、中国では目にすることがほとんどないとのこと。

「おしゃれのために、寒い冬でも薄着なのも信じられない!中国では、若い子でも冬に短いスカートを履きませんよ。タイツも履かずにスカート姿で街を歩く日本人女性を見たときには、目を疑いました(笑)女性は体を冷やしてはいけないと親に教わっているから、冬はたくさん着込みます」

3:中国人は食に対して興味津々だけど、お魚の刺身はちょっと無理…

3:中国人は食に対して興味津々だけど、お魚の刺身はちょっと無理…

「日本には野生の動物がたくさんいるから驚きました。中国人はいろいろな動物を食べるから、野生の動物を見ると興奮する人もいると思う(笑)。しかも、ペットとして飼われている犬や猫にまで手を出す人がいるから問題になっているんですよ。実は私が飼っていた猫も3匹、盗まれました…」

わたしたち日本人には衝撃が強過ぎますが、中国では犬や猫を食べる地域もあるそうです。

「私は違いますが、夏は猫を食べて冬は犬を食べる人たちもいます。私も猿の脳みそやアヒルの頭、鴨の舌、豚の耳や口など大好きですよ。日本のスーパーでは鶏が丸ごと1羽で売っていないから、すごく残念。中国では鶏肉はさばいて料理するものだから、パックに入った骨が付いていない鶏肉は食べたくないんですよね」

中国人は鶏をさばけて当然とのこと。そして、日本の場合、猿の脳みそやアヒルの頭、鴨の舌などは…おいしいかもしれませんが初めてだと勇気がいりますよね…。

「中国人が鶏を殺して食べるのを日本人が怖いと感じるように、中国人からしたら魚をさばいている様子がとても恐ろしいんです。それに、生魚を食べない中国人にとっては、魚のお刺身を食べている日本人が信じられません(笑)」

4:人前でゲップをしちゃダメ?家族の前なら問題ないと思うけどな…

4:人前でゲップをしちゃダメ?家族の前なら問題ないと思うけどな…

「日本人が礼儀やマナーを重んじるのは理解していたけど、ちょっと気にし過ぎって思うところがあります。特に日本人の旦那と言い争いになるのは、ゲップのこと。食事中に旦那の前でゲップをしたら、すごく嫌がられたんです。たしかにゲップをされるといい気持ちはしないけれど、家族の前では問題ないでしょ?旦那は、たとえ夫婦間でも人前でゲップをしてはいけないって譲らないの。こんな細かいことをいわれると、正直嫌になっちゃう。日本人の女性は家に居るときまで気を使って疲れるだろうなって思う(苦笑)」

ゲップを人前でしないのは、日本人女性としてのマナーですよね。彼氏や夫の前でゲップがでてしまったら、恥ずかしいと感じる女性がほとんどではないでしょうか?また、自分の前で恥じらいもなくゲップをする女性のことを「女」として見られなくなるという日本人男性もいるかもしれないですよね。

5:満員電車での駅員と乗客の行動に驚き!

5:満員電車での駅員と乗客の行動に驚き!

「日本で駅員さんがお客さんを電車に押し込んでいる様子を初めて目にしたときには、何事かと思いました。ケンカしているのかと思ったくらい(笑)驚きのあまり、写真を撮っちゃいました!」

駅員が乗客を無理やりにでも乗客を押し込んでドアを閉めて発車するという光景は、日本ならではのようですね。

「中国でも電車は混んでいるけど、乗客が互いに押し合って乗るだけ。だから、ケンカしている人が多いですよ。それに、日本では本当に乗るスペースがないほどギュウギュウに混んでいるけど、中国の場合は実はそれほど人は乗っていないの。ドア付近に立っている人が多いだけで、奥のほうはスカスカのことが多いです」

みんなが無事に乗り降りできるように秩序を守った行動をとるのが当然という考えは、日本人の誇るべきところですね。

6:警察官がやさしくてうれしかった!でももうちょっと厳しくても良いと思う

6:警察官がやさしくてうれしかった!でももうちょっと厳しくても良いと思う

「日本で自転車に乗っていたら、警察官に呼び止められてものすごく緊張したの!中国で同じことがあったら罰せられると思うから……。そしたら、交通安全キャンペーンで自転車に付けるライトを配っていただけでした(笑)」

日本の警察官はわたしたち国民に対して丁寧な対応をしてくれることが多いですが、中国では違うようです。

「中国の警察官は、とても厳しいですよ。だから日本の警察にはあんまり怖いイメージがありません。本音をいえば、日本の警察官も犯罪を減らすためにもう少し厳しくしてもいいんじゃないかな?」

日本ではあちこちにある交番も、中国にはほとんどないとのこと。ちょっとしたことでもすぐに駆けつけてくれる日本の警察官にも驚いていました。

7:日本には規制がなさ過ぎでは。コンビニでエッチな雑誌を読んでる男性が信じられない!

7:日本には規制がなさ過ぎでは。コンビニでエッチな雑誌を読んでる男性が信じられない!

中国では政府がネット規制をしており、YouTubeやTwitter、Facebook、LINEといったツールを自由に使うことが今のところできません。ひと昔前に比べたら多少は柔軟になったともいわれていますが、それでも必ず検閲が入るようになっていて、特定のキーワードでは検索できないという規制もあるほどです。

「日本では、インターネットであらゆる情報が閲覧できるので驚きました。わいせつな画像なども自由に見られるようになっているので、あんまりよくないと感じています。中国では禁止されているホラーや暴力映画も日本ではふつうに上映されていますよね。そういった刺激の強い内容のものが多過ぎるという印象があります。それから、エッチな写真の載った雑誌がコンビニの棚に並んでいて、男性が立ち読みをしている姿も信じられないです。中国人の男性は、そういったものは人前で見ません。あれは、よくないと思います」

18歳未満に販売が禁止されている成人雑誌がコンビニに並べられているのは問題ではないかという声は日本でもあがっており、陳列を禁止する動きもでてきましたね。インターネット上の規制は賛否両論ありますが、日本でももう少し議論されてもいいのかもしれませんね。

日本人と中国人は見た目の違いもあまりなく、漢字を使用している国の者同士。しかし、こんなにも異なった点があるとは驚きです。自分たちとは違う国民性だからと互いにあしらうのではなく、どういった歴史的な背景があるかなども含めて調べてみるとおもしろいかもしれませんね。

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする