世界5カ国の外国人男女が日本に来てショックを受けた5の理由

世界5カ国の外国人男女が日本に来てショックを受けた5の理由

Update: 2017/08/21

文化や習慣の違いから、自国の“当たり前”が、他国で通用しないのはよくあることです。そのため、旅行先の国々で起こったことに対し「日本では考えられない!」とカルチャーショックを受けた経験がある人もいるのではないでしょうか?

それは訪日外国人にとっても同じこと。日本のイメージと現実のギャップに驚いたり、それを不満に感じたり…、中には感動してしまう人もいるようです。

そこで今回は、訪日して間もない5人の外国人にアンケートを取り「日本に来て一番驚いたこと」について調査をしました!外国人の目には、日本という国が一体どのように映っているのでしょうか。

【韓国】ゴミが殆ど落ちていない!日本人はキレイ好きすぎてショック!

【韓国】ゴミが殆ど落ちていない!日本人はキレイ好きすぎてショック!

「日本の街中にはゴミが落ちてないし、ゴミ箱も少ないよね。一億人以上住んでいるのに、街中がとても綺麗なのは信じられないくらいすごい!ちなみに日本では自転車を駐輪場に止めることが当たり前として考えられているけど、韓国はその辺に停めておくことが多い…。公共のルールをみんなが守れているのはすごいことだよ」(20代/男性)

日本に訪れる外国人が、街中に設置されているゴミ箱の少なさに驚くのはよくある話。「でもたまにゴミは落ちているし、無断駐輪してる自転車も見かけるよ?」と思う方もいるでしょうが、海外に比べると、よっぽどマシなのかもしれません。

【中国】トイレットペーパーのクオリティが高すぎてショック!でももうちょっと厚くして欲しい

【中国】トイレットペーパーのクオリティが高すぎてショック!でももうちょっと厚くして欲しい

「日本のトイレットペーパーはとても薄くて、見た目より柔らかい。この技術・品質の高さは素直にすごいと思う!あんなに柔らかいトイレットペーパー、世界中で日本だけじゃないかな?
でも、僕はもっと厚くて硬いトイレットペーパーの方が好きです。それが使い慣れているからね。日本のだとすぐ破れてしまうからもうちょっと厚くして欲しいと思うときがあります」(20代/男性)

一枚巻きや二枚巻き、フローラルな香り付きなど、日本人でも好みが分かれるトイレットペーパー。「柔らかい方が良いのでは?」と思うところですが、中国をはじめとするアジア諸国では、厚目で硬い紙質のトイレットペーパーが主流となっているそうです。

【メキシコ】おいしいのは認めるけど、果物の値段が高すぎてショック!

【メキシコ】おいしいのは認めるけど、果物の値段が高すぎてショック!

「メキシコに比べると、日本は物価が高いです。はじめて日本のスーパーに行ったとき値段にビックリした!中でも、果物はものすごく高価で種類も少ない。大好きなスターフルーツが食べたくなっても、日本のスーパーでは気軽に買えません。品質は、メキシコよりもいいと思います」(10代/男性)

カリブ海に面しているメキシコでは、パパイヤ、マンゴー、スターフルーツ、ドラゴンフルーツなどが頻繁に食べられるようです。パパイヤとマンゴーはともかく、スターフルーツやドラゴンフルーツは、日本でもちょっと高級品というイメージがありますよね。実際に値段も張ったりするので、現地の値段を知っている外国人が引いてしまうのもわかりますね。

【アメリカ】病人が街を歩いている!?マスクをする人が多すぎてショック!

【アメリカ】病人が街を歩いている!?マスクをする人が多すぎてショック!

「日本人はなぜマスクをしたがるんだい?飛行機を降りたら、空港にマスク姿の人がたくさんいて驚いた。母国では日常的にマスクを着用する習慣がないから、ちょっとヘンに見えたし、異様な光景だったよ。『日本のみんなは毎日具合が悪いの?』って最初は思ったな」(20代/男性)

アメリカを筆頭とする欧米圏やユーロ圏に関しては、医療現場や清掃現場でもない限り、普段の生活でマスクを着用することはほぼないそうです。むしろ、「マスクを付けている人=重病人」というイメージが定着しているのだとか。

【イタリア】人前で靴を平気で脱ぐことにショック!

【イタリア】人前で靴を平気で脱ぐことにショック!

「日本人は部屋に入る前に靴を脱ぐ習慣があるんですよね。ヨーロッパでは家の中でも土足なので、裸足で生活するということに中々慣れませんでした。今では平気です!」(20代/女性)

家の中でも土足で過ごす欧米圏やユーロ圏の外国人は、靴を脱いで生活する日本のスタイルに慣れるのが難しいようです。中でも“靴文化の中心地”であるイタリアでは、公共の場で靴を脱ぐこと自体が“恥ずかしい行為”だと思われてしまうのだとか。世界有数のファッション大国だからこそ、靴一つにしても、並々ならぬこだわりがあるのでしょう。

以上、5カ国の外国人が感じたギャップと驚きの声でした。私たちの当たり前は、当然ながら世界の当たり前ではないということを思い知らされますよね。しかし、一方で訪日外国人の本音から日本の魅力を改めて感じることもできたのではないでしょうか。周りに外国人の知り合いがいらっしゃる方は、是非「日本に来て驚いたこと」について話を聞いてみて、お互いの文化の理解を深めてみてくださいね。

Written by:

ポメラニアン高橋(ポメ橋)

ポメラニアン高橋(ポメ橋)

ラーメンと牛丼ばかり食べてる洋犬ライター。オス/体高30センチ/体重80キロ。最近Twitterはじめました→@pomehashi(ポメ橋)

アンケート協力

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする