HOME 東京・東京周辺 東京 新宿 2016年の新オープン&リニューアルスポット
HOME 東京・東京周辺 東京 銀座 2016年の新オープン&リニューアルスポット
HOME 東京・東京周辺 東京 六本木 2016年の新オープン&リニューアルスポット
2016年の新オープン&リニューアルスポット

2016年の新オープン&リニューアルスポット

公開日: 2016/12/28
更新日: 2018/04/03

2016年も多くのスポットがオープンした。駅直結でアクセス抜群の商業施設から美術館ホテルまで、2017年も引き続き注目が集まること間違いなし!

【買う】 アクセス抜群!新宿駅直結の注目施設

【買う】 アクセス抜群!新宿駅直結の注目施設

新宿駅の新南エリアにオープンした「NEWoMan」。駅直結の施設内には、日本初出店のスイーツレストラン「Janice Wong」をはじめとする注目の飲食店が盛りだくさん。駅構内エリアの「エキナカ」は、改札から出ることなく食事や買物を楽しめる。
また、「フードホール」は7:00~翌4:00までオープンしているので、早朝深夜問わずお腹が空いたときには気軽に立ち寄れる便利な施設だ。

時間:1~4階 11:00~22:00、2階フードホール 7:00~翌4:00、2階エキナカ 8:00~22:00
休み: 不定休

  • NEWoMan
    • 住所 4-1-6, Shinjuku, Shinjuku-ku, Tokyo, 160-0022

【買う】 高架下を利用した新しいスタイルの商店街

【買う】 高架下を利用した新しいスタイルの商店街

東急東横線、東京メトロ日比谷線の2路線が乗り入れている「中目黒」駅の高架下約700mを利用した新スポット。和食・イタリアン・フレンチと幅広い飲食店が軒を連ねているので、その日の気分に合わせた店を選べる。
カフェが併設された書店「中目黒 蔦屋書店」は、休憩や情報収集にも便利。

時間: 店舗により異なる
休み: 店舗により異なる

  • 中目黒高架下
    • 住所 1-Chome, 2-Chome, 3-Chome, Kamimeguro, Meguro-ku, Tokyo-to 153-0051

【買う】 バラエティ豊かな店舗が集まる大型商業施設

【買う】 バラエティ豊かな店舗が集まる大型商業施設

銀座・数寄屋橋にオープンした、東京メトロ「銀座」駅直結の商業施設「東急プラザ銀座」。都内最大級の免税店「ロッテ免税店銀座」に加え、レストランや雑貨店などバラエティ豊かなショップが多数集まる充実した施設だ。
パブリックスペースとして休憩ができる屋上の「KIRIKO TERRACE」は、桜の木が植えられるなど都会にいながらも自然を感じられるスポットだ。全館Wi-Fi完備なのも、観光客にとっては嬉しいポイント。

営業時間:
ショッピング・カフェ・サービス(1~9階)11:00~21:00
ギンチカマルシェ(地下2階)11:00~23:00 / (地下1階)11:00~21:00
ギンマチダイニング(10~11階)11:00~23:00
キリコラウンジ(6階)平日・土11:00〜23:00 / 日曜・祝日11:00~21:00、キリコテラス(屋上) 11:00~21:00
休み: 不定休

  • 東急プラザ銀座
    東急プラザ銀座
    • 住所 104-0061 東京都中央区銀座5-2-1 東急プラザ銀座
    • 最寄駅 銀座 駅 (東京メトロ銀座線 / 東京メトロ丸ノ内線 / 東京メトロ日比谷線)
      徒歩1分
    • 電話 03-3571-0109

【買う】 銀座の新たなランドマーク

【買う】 銀座の新たなランドマーク
Koji Fujii / Nacasa & Partners Inc.

個性的な外見が象徴的な複合商業施設「GINZA PLACE」。4階〜6階にある「ソニーショールーム/ソニーストア銀座」ではオリジナルモデルの販売や、商品がいち早く体験できる。また、神戸ビーフ等国産食材の鉄板焼きが楽しめる「神戸プレジール銀座」などレストランも充実。
銀座を歩けば誰もが通る「銀座4丁目交差点」に位置するため、迷うこともない。

時間:店舗により異なる
休み:店舗により異なる

  • GINZA PLACE
    • 住所 5-8-1 Ginza, Chuo-ku, Tokyo-to 104-0061

【買う】 流行発信地の有名施設が全面リニューアル

【買う】 流行発信地の有名施設が全面リニューアル

2016年に開業10周年を迎えた、「表参道ヒルズ」は新店舗オープンや移転・改装などが行われリニューアル。流行発信の中心地「表参道」らしく、「VALENTINO」や有名ブランドの旗艦店や「Hirotaka」など日本初出店のショップが数多くオープンした。
ショッピングの合間に立ち寄れるカフェから、本格的なレストランまで飲食施設も充実しているので、食事目的でも訪れてみて。

時間:ショッピングサービス 11:00〜21:00(日曜は20:00まで)
レストラン11:00〜23:30(日曜は22:30まで)
カフェ11:00〜22:30(日曜は20:30まで)
※一部営業時間の異なる店舗あり
休み:なし(年3回休館日あり)

  • 表参道ヒルズ
    • 住所 150-0001 東京都渋谷区神宮前4-12-10
      地図をみる
    • 最寄駅 表参道 駅 (東京メトロ銀座線 / 東京メトロ千代田線 / 東京メトロ半蔵門線)
      徒歩2分
    • 電話 03-3497-0310

【買う】 駅構内でお土産選び!東京駅の新名所

【買う】 駅構内でお土産選び!東京駅の新名所

新幹線を含む複数路線が交わる「東京」駅のエキナカ商業施設「グランスタ」が拡大。改札内には「グランスタ」の新エリアが、改札外には新施設として「グランスタ丸の内」が開業した。駅施設とは思えないほど大きな敷地には、様々な店舗が所狭しと並んでいる。特にコスメ系のショップが充実しているので女性におすすめ。重い荷物を抱えた観光客でも、気兼ねなく買い物を楽しめる。「築地すし好-和-」など、和食を楽しめる飲食店もあるので、小腹が空いた時にもぜひ立ち寄ってみて欲しい。
「グランスタ」「グランスタ丸の内」共に、現在もエリアを拡大しており、2017年には今日の開業エリアも合わせると53店舗もの新規オープンが予定されている。

時間:8:00~22:00(月~土、連休中日の休日)、8:00~21:00(日、連休最終日)
※一部ショップは7:00開店
※一部イートインは22:30閉店
休み:店舗により異なる

  • グランスタ / グランスタ丸の内
    • 住所 JR East Tokyo Station, 1-9-1 Marunouchi, Chiyoda-ku, Tokyo-to 100-0005

【泊まる】 美術館のような洗練された極上空間

【泊まる】 美術館のような洗練された極上空間

有名ホテルチェーン「プリンスホテル」が2016年にオープンした最上級クラスのホテル。高級感溢れる内装と、紀尾井タワーの30〜36階という高層部からは見える景色は、感性を刺激してくれる”美術館”のようだ。
客室は計250室あり、デラックスからスイートまで4つのグレードに分かれている。

IN15時/OUT12時、料金:1泊1室6万~(税、サービス料別)、飲食店:日本料理1、洋食、ラウンジ1、バー1

  • The Prince Gallery Tokyo Kioicho
    • 住所 102-8585 東京都千代田区紀尾井町1-2

【泊まる】 都心に現れた「塔の日本旅館」

【泊まる】 都心に現れた「塔の日本旅館」

「塔の日本旅館」をコンセプトに、2016年にオープン。玄関で靴を脱ぎ、畳の館内を歩くなど日本旅館の伝統的な要素を取り入れた”和”を感じられる作りになっている。地下2階〜地上17階まである館内には、全部で84の客室を用意。最上階では、夜空を眺めながら入浴ができる露天風呂を楽しむことができる。
「星のや東京」がある大手町は、「東京」駅や皇居まで徒歩圏内なので観光にも便利。

IN 15時/OUT12時、料金:1室2名7万8千円~(税・サービス料込)、飲食店:日本料理1件

  • HOSHINOYA Tokyo
    • 住所 1-9-1 Otemachi, Chiyoda-ku, Tokyo-to 1000004 Japan

【観光】 スヌーピーファン必見の期間限定ミュージアム

【観光】 スヌーピーファン必見の期間限定ミュージアム

アメリカ・カルフォルニアの「チャールズ M. シュルツ美術館」が、世界初のサテライトとして六本木にオープンした「スヌーピーミュージアム」。館内では、スヌーピーが登場するコミック「ピーナッツ」の原画や、関連資料などファンにとってはたまらない作品が数多く展示されている。期間毎にテーマがあり、展示内容も入れ替わるので複数回訪れても楽しめる。
開催は2016年から2018年までの期間限定開館。入館には予約が必要なのでお早めに。

開館時間:10:00~20:00(最終入館19:30)
閉館日:12月31日、1月1日、2日

  • Snoopy Museum Tokyo
    • 住所 〒105-0000 東京都港区六本木5-6-20

【観光】 葛飾北斎と「すみだ」の魅力がつまった美術館

【観光】 葛飾北斎と「すみだ」の魅力がつまった美術館
(C)「すみだ北斎美術館蔵」
(C)「すみだ北斎美術館蔵」

世界に評価の高い浮世絵師「葛飾北斎」は、本所割下水(現在の墨田区北斎通り)付近に生まれ、数多くの優れた作品を残した。「すみだ北斎美術館」は、生涯のほとんどを“すみだ”で過ごした、地域ゆかりの葛飾北斎を永く顕彰するために建てられた美術館だ。また、文化振興や観光・産業振興など地域活性化拠点としても機能している。
2016年11月のオープン以来、国内外から多くの入館者があるなど広く関心を集めている。今後も葛飾北斎の新たな魅力を発見できる多彩なテーマの企画展や、教育普及プログラムを展開していく。

開館時間:9:30~17:30(最終入館17:00)
閉館日:毎週月曜日(月曜が祝日または振替休日の場合はその翌平日)、年末年始

  • すみだ北斎美術館
    • 住所 2-7-2 Kamezawa, Sumida-ku, Tokyo-to 130-0014
※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

この記事を読んだあなたにおすすめの施設

検索