HOME 上野 【2017年】10月のおすすめはこれ!美術展&展覧会
HOME 六本木 【2017年】10月のおすすめはこれ!美術展&展覧会
HOME 渋谷 【2017年】10月のおすすめはこれ!美術展&展覧会
【2017年】10月のおすすめはこれ!美術展&展覧会

【2017年】10月のおすすめはこれ!美術展&展覧会

Update: 2017/10/17

日本が誇る名建築家の展示会や、恐怖をテーマにした個性的な展覧会など。10月も注目のイベントが目白押し!

ゴッホ展 巡りゆく日本の夢

ゴッホ展 巡りゆく日本の夢

日本に大きな関心を寄せ、浮世絵や日本に関する文献を集めていたファン・ゴッホ。本展覧会は、ゴッホの油彩画やデッサン約40点、同時代の画家の作品や浮世絵など約50点を展示。また、ガシェ家に残された3冊の「芳名録」など、日本初公開の貴重関連資料を通してゴッホと日本の相互関係を探り、その新たな魅力を発見できる。
日本の「ゴッホ展」としては初めて、オランダのファン・ゴッホ美術館との国際共同プロジェクトとなっている。

開催期間:2017年10月24日(火)~2018年1月8日(月・祝)
開催時間:9時30分~17時30分 (金曜日、11月1日(水)、2日(木)、4日(土)は20時まで開館)
料金:一般 1,600円(1,300円)、大学生・専門学生 1,300円(1,100円)、高校生 800円(600円)、65歳以上 1,000円(800円)
※()内は前売り・団体料金(団体は20名以上)
※中学生以下は無料
※前売りは10月23日(月)まで販売
休室日:月曜日、12月31日(日)、1月1日(月・祝)
※ただし、1月8日(月・祝)は開室

  • 東京都美術館
    • 住所 110-0007 東京都台東区上野公園8-36
      地図をみる
    • 最寄駅 上野 駅 (北海道新幹線 / 東北新幹線 / 秋田新幹線 / 山形新幹線 / 上越新幹線 / 北陸新幹線 / 京浜東北線 / 山手線 / 東北本線 / 宇都宮線 / 高崎線 / 常磐線 / 上野東京ライン / 東京メトロ銀座線 / 東京メトロ日比谷線)
      徒歩7分
    • 電話 03-3823-6921

「怖い絵」展

「怖い絵」展
ポール・ドラローシュ 《レディ・ジェーン・グレイの処刑》 1833年 油彩・カンヴァス ロンドン・ナショナル・ギャラリー蔵

恐怖に焦点を当て、絵の時代背景や隠された物語を読み解く美術書として、作家・ドイツ文学者の中野京子が出版し、ベストセラーとなった『怖い絵』。刊行10周年を記念して開催される同展は、同書で紹介された作品を筆頭に、展覧会用に新たに選ばれた作品が登場する。
「この絵はなぜ怖いのか?」という怖さを読み解くヒントとともに絵画を鑑賞することで、今まで気づかなかった恐怖を感じるかも!
最大の注目は、初来日を果たすポール・ドラローシュルの「レディ・ジェーン・グレイの処刑」。繊細な筆致と緻密な構成で描かれた、ロンドン・ナショナル・ギャラリーを代表する名画は、圧巻の一言。

開催期間:2017年10月7日(土)~12月17日(日)
開催時間:10時00分~17時00分
料金:一般1600円
休館日:会期中無休

  • 上野の森美術館
    • 住所 110-0007 東京都台東区上野公園1-2
      地図をみる
    • 最寄駅 上野 駅 (北海道新幹線 / 東北新幹線 / 秋田新幹線 / 山形新幹線 / 上越新幹線 / 北陸新幹線 / 京浜東北線 / 山手線 / 東北本線 / 宇都宮線 / 高崎線 / 常磐線 / 上野東京ライン / 東京メトロ銀座線 / 東京メトロ日比谷線)
      徒歩3分
    • 電話 03-3833-4191

DESIGNART 2017

DESIGNART 2017
写真はイメージです。

表参道や渋谷など、東京の主要エリアを舞台に開催する、新しいデザイン&アートの祭典「DESIGNART 2017」。ショップやギャラリー、カフェ・レストランなどの商業施設にいたるまで、70ヶ所以上の会場で様々なデザイナー・アーティストの展示が行われる。
ルイ・ヴィトン 表参道店などの高級ブランドも参加するなど、普段アートやデザインに触れない人でも気軽に楽しめる内容になっている。

開催期間:2017年10月16日(月)~10月22日(日)
開催エリア:表参道・外苑前/原宿・明治神宮前/渋谷恵比寿/代官山・中目黒/六本木・広尾
※営業時間、休業日、入場料は会場によって異なる。

シブカル祭。2017~この胸騒ぎは渋谷のせいだ。~

シブカル祭。2017~この胸騒ぎは渋谷のせいだ。~

「シブカル祭。2017~この胸騒ぎは渋谷のせいだ。~」は、女性クリエイターたちによる、カルチャーイベント。
インスタレーション、パフォーマンス、映像など型にはまらず多彩な表現を続ける新進気鋭の女性クリエイターたちの作品が登場。その日、その時、その場所でしか得られないライブな体験の場を提供してくれる。2011年の初開催からメイン会場となっていた、渋谷パルコが休業中のため、本年はGALLERY X BY PARCOに会場を移して行われる。
初日の10/20には、渋谷クラブクアトロにて入場無料のオープニングパーティーが開催される。

開催期間:2017年10月20日(金)~10月29日(日)
開催時間:11時00分~20時00分
※日程により終了時間が変わることも
料金:無料
休館日:会期中無休

  • GALLERY X BY PARCO
    • 住所 〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町13-17 ライズビル

ミュージアム・オブ・トゥギャザー展

ミュージアム・オブ・トゥギャザー展

22の作家による作品と資料・模型などのアーカイブから構成される、日本財団DIVERSITY IN THE ARTS企画展である「ミュージアム・オブ・トゥギャザー」。アートを精神的・心理的な安定を得るための”道具”として、捉えている本展覧会は、会場構成などいたるところに鑑賞者が能動的に参加できる工夫がなされている。
どんな人にも開かれたアクセシブルな美術館として、アウトサイダーアートから現代アートまで幅広い作品を展示している。会期中、様々なテーマでのワークショップやフォーラム、ギャラリートークも催される。

開催期間:2017年10月13日(金)~10月31日(火)
開催時間:11時00分~20時00分(10月13日は18:00まで)
料金:無料
休館日:会期中無休

  • SPIRAL MINA-TO
    • 住所 107-0062 東京都港区南青山5-6-23
    • 最寄駅 表参道駅(東京メトロ銀座線 / 東京メトロ千代田線 / 東京メトロ半蔵門線)
      徒歩0分
    • 電話 03-3498-4015

安藤忠雄展―挑戦―

安藤忠雄展―挑戦―
ポートレイト,(撮影:荒木経惟)

元プロボクサーという異色の経歴を持つ建築家、安藤忠雄。同展は、氏の原点とも言える住宅のの代表作品を一挙公開するなど、半世紀に及ぶキャリアの集大成となる展覧会になっている。模型やスケッチなど、270以上の設計資料が展示される空間デザインも、安藤忠雄自ら手がけた。
最大の見所は、野外展示場にて原寸大で再現された代表作品「光の教会」。展覧会において、建築物を丸ごと1つ再現するという前代未聞の展示となっている。

開催期間:2017年9月27日(水)~12月18日(月)
開催時間:10:00~18:00 (金曜日・土曜日は20:00まで)
料金:一般1500円

ライター:山下 貴將

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする